So-net無料ブログ作成

Rock and Roll Heaven [つれづれ日記]

DEL_25_ポール - コピー.jpg

毎晩のように悪夢を見ている私ですが、時たま、自分の趣味や興味の対象にかかわる夢を見ることがあります。

昨晩はロックコンサートの夢を2つ見ました。

----------

最初の夢は・・・

野外コンサート会場に向かう夢です。

大勢の観客が列になって、田んぼの畝のような道を野外会場を目指して歩いていきます。季節は周囲の観客の服装がTシャツやタングトップなので夏のようですが、なぜか畝に生えている草は枯れていて、茶色い広葉樹の落ち葉が足元に散っているので晩秋のようにも思えます。天気は薄曇りで、暑くはありません。

列の前方では白人の5~6人のグループが“We Will Rock You”を大声で合唱しています。大勢の観客が畝道を列になって歩く目的はQUEENのコンサートです。

私は、ついに憧れのFreddie Mercuryに会えると興奮しながら歩いているので、この夢の年代は、彼が存命中の1991年以前ということになります。夢の中の私もそれ相応に若い感覚です。

私はガールフレンドと肩を並べて歩いているのですが、そのガールフレンドの顔を見てはいません。しかし、私はこの肩を並べて歩くガールフレンドがニューハーフであることを知っています。現実の世界ではニューハーフのガールフレンドがいたことはありませんが・・・

歩きすすむと畝道は少し上り坂になり、開けた風景のなかに伸びるゆるやかな登山道の様相に変化します。登山道の両側に、コンサートのパンフレット、オフィシャルグッズ、ドリンクなどを販売する売店が集まった一角があり、立ち止まって、それらを購入する人たちで、登山道は酷く渋滞して雑踏となっています。

その雑踏で、私はガールフレンドと逸れてしまい、あわててガールフレンドを捜しに小走りに先を急ぎました。そこで、夢から覚めました・・・

2018年11月に公開されるQUEENの伝記映画「Bohemian Rhapsody」が話題になっていること、自民党の杉田水脈議員の『LGBTは生産性が低い』というLGBTを蔑視した酷い内容の寄稿が炎上してニュースになっていることが、私にこのような夢を見させたのかもしれません。

----------

2つ目の夢は・・・

私は、こじんまりとしたコンサートホールの中に居ます。コンサートホールは中央にステージがあり、観客席はすり鉢状にステージを取り囲んでいます。ステージの床、コンサートホールの壁はログハウスを思わせるような木材の自然の質感を感じさせるもので、ホールを全体の雰囲気を和らげたものにしています。照明の光も白熱球を思わせる温かみのあるもので、木材の質感によく馴染んでいました。

ステージにはグランドピアノが置かれ、白いシャツ、ノーネクタイ、グレー地に白のペンシルストライプのスーツを着た男性がピアノを弾きながら歌を歌っています。

その男性はPaul McCartneyです。彼の姿は現在の姿ではなく、Wings時代を思わせるものでした。演奏を見ている夢の中の私も40年前の感覚でした。

私はステージの正面、最前列で数名の友人たちとコンサートを見ているのですが、その友人たちの顔を見ていないので誰なのか解りません。また、何故か、演奏している曲が全く聴こえません。そのため曲名は解りませんでした。

年代が40年前にもかかわらず、私はスマホを持っていて、Paulの写真を撮ろうとするのですが、ピントが合わず、シャッターが動作しません。いくらトライしても写真が撮れずに焦っているところで、夢から覚めました・・・


2018年9月にリリースされるPaul McCartneyの待望の新作「Egypt Station」が話題になっていること、PaulのインスタグラムにAbbey Road Studios前の横断歩道を渡る動画が最近投稿されたことが、私にこのような夢を見させたのかもしれません。

----------

残念ながら、どちらの夢でもQUEEN、Paul McCartneyの演奏を聴くことはできませんでした。しかし、夢の中で大好きなRock Musicianに思いを馳せることができて、少し素敵な気分になれたのは事実です。

そして、1991年にこの世を去ったFreddie Mercury、一度もこの目で見る機会を持たなかったことが、今でもとても悔やまれます。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。



ABBEY ROAD

ABBEY ROAD

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI
  • 発売日: 2009/09/09
  • メディア: CD



バンド・オン・ザ・ラン(紙ジャケット仕様)

バンド・オン・ザ・ラン(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: ポール・マッカートニー,リンダ・マッカートニー
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/12/13
  • メディア: CD



ヴィーナス・アンド・マース(紙ジャケット仕様)

ヴィーナス・アンド・マース(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: ポール・マッカートニー&ウイングス,トニー・ハッチ,ポール・マッカートニー,トニー・ドーシー
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/12/13
  • メディア: CD



オペラ座の夜

オペラ座の夜

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2011/03/16
  • メディア: CD



News of the World

News of the World

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Island Uk
  • 発売日: 2011/07/05
  • メディア: CD


nice!(239)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

蚊に悩まされています [つれづれ日記]

DEL_20_白糸の滝 - コピー.jpg

二年ほど前にブログに、蚊が大嫌いという内容の記事を記したことがあります(↓)。
https://shibatetsu.blog.so-net.ne.jp/2015-06-23-1

幸いにも、今年は今のところ、さいたまの自宅でも大阪のワンルームでも蚊に悩まされることはなかったのですが・・・

----------

7月15日(日)朝、久々に洗車しようとバケツとタオルを持ってマンション敷地内の駐車場に向かいました。

私は子供のころから飛蚊症なのですが屋外の陽光の下に出ると、いつもより眼の前の黒い影がとても多いような気がしました。

マンション敷地内の洗車場にクルマを移動させて、白い私のクルマのボディを眺めると、左眼の視野のなかにリング状の大きな黒い影が見えました。クルマが白いので黒い影が余計に際立ちます。他にも線のような黒い影も・・・
一晩で眼の前に見える黒い影が急激に増えました。

強度近視で飛蚊症の私は、一年に一度、眼底検査を受けてはいたのですが、さすがに一晩で眼の前に見える黒い影が急激に増えたので「やばい!」と思い、洗車は中止して、日曜日でも診療してくれる眼科医を検索して診察を受けました。

ーーーーーーーーーー

診察の結果は、網膜の病気ではなく、加齢による硝子体の収縮によるものとのこと。「急激に黒い影が増えることがあるのですか?」と訊くと、「あります!」とのこと。「加齢による飛蚊症は治療で改善はできない、辛いですが我慢するしかないです」とのこと。まあ、長年、眼科医で眼底検査を受けていたので、このように眼科医師に言われるのは理解はできるのですが・・・

とりあえず、網膜剥離などの重大な病気ではなく、ホッとしたのは事実ではありますが、眼の前が鬱陶しくてとても辛いです。

ーーーーーーーーーー

リアルな蚊に悩まされるのは嫌ですが、眼の中の蚊に悩まされるのはもっと辛く、嫌なものです。

逆らうことはできないですが、やはり歳はとりたくないものです・・・


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。

nice!(228)  コメント(22) 
共通テーマ:日記・雑感

電光掲示板 [つれづれ日記]

DEL_15_電光掲示板 - コピー.jpg

7月6日(金)
さいたまの自宅に戻る予定を立てていて、新大阪始発19時過ぎの「のぞみ」を予約していました。

朝、出社すると、大雨による交通機関の乱れで出社できない人がかなりいました。そして、出社しても鉄道が運休となる前に帰宅する人、住んでいる地域に避難準備情報、避難勧告が出て急いで帰宅する人など、社内はずーっと慌ただしい雰囲気でした。

結局、私も、新幹線の予約を新大阪始発17時過ぎの「のぞみ」に変更して、16時過ぎに退社したのですが・・・

----------

新大阪駅に着くと、東海道山陽新幹線の大幅な遅れ、行先変更、運休で新幹線改札の内外は人で溢れ、大混乱でした。予約変更の行列、特急料金の払い戻し手続きの行列、そして新幹線の出発を待つ人々。ごった返してはいましたが、殺伐としたような雰囲気は全くありませんでした。

私が新幹線改札に着いたのは16時40分頃でした。着いて程なくして、電光掲示板に私の乗車する「のぞみ」が表示されましたが、この時間帯、新幹線は山陽新幹線区間に直通せずに、全て新大阪での折り返し運転になっていたためか、ほかの列車がどんどんと先発して行き、私の乗車する「のぞみ」が電光掲示板から消えることもしばしばでした。

結局、私の乗る「のぞみ」は新大阪を2時間13分遅れで発車。途中、名古屋では5分ほど遅れを回復しましたが、品川を発車後、東京駅の到着番線が空かずに停車、徐行を繰り返し、東京駅到着は2時間15分遅れとなりました。長い人生(?)の中で、自分が乗った特急列車が2時間以上遅れたのは、今回が初めてのことです。

因みに新大阪の新幹線改札内で2時間40分以上立って出発を待つ間に、缶ビールを2本飲んだ次第です。欲を言えば座って飲みたかったです。

ーーーーーーーーーー

今回の記録的豪雨により、各地で甚大な被害が出ていることが伝えられていて、とても心が痛みます。約3週間前の地震に続き、自然の猛威、天災の怖ろしさ改めて強く感じます。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。

nice!(229)  コメント(24) 
共通テーマ:日記・雑感