So-net無料ブログ作成

GW撮影記(4月29日) [撮影日記]

4月29日(昭和の日)
朝、東北本線に乗車して久喜まで。久喜から東武伊勢崎線に乗って館林を目指しました。実に久しぶりとなる東武鉄道の撮影です。

因みに、関東での撮影は、昨年11月の相鉄撮り鉄フェスティバル、メトロファミリーパーク in AYASE 2017 以来となります。

本日のターゲットは2005年に8000系からの改造により誕生した800系、850系。MT同数比率で偶数両編成を堅持してきた8000系から2M1Tの3両編成の800系、850系が誕生したときは驚きでした。そしてダブルパンタで前パンの勇ましい(?)850系は見るからに私の撮影意欲を掻き立てられる存在で、以前から撮影したいと考えていた電車の1つでした。

館林からは800系、850系の運用区間の伊勢崎線の太田、佐野線の佐野市まで足を延ばしました。

DEL_15_200系_IMG_5412 - コピー.jpg
200系
一度だけ、「さようなら貨物列車 記念イベントツアー」で浅草から北館林荷扱所まで乗車した記憶があります。

DEL_15_8000系_IMG_5524 - コピー.jpg
8000系

DEL_15_800系_IMG_5456 - コピー.jpg
800系

DEL_15_850系_IMG_5418 - コピー.jpg
DEL_15_850系_IMG_5537 - コピー.jpg
850系
今日、初めて気づいたのですが、修繕工事を受けて更新された8000系(800系、850系)の正面デザインは、既にいにしえの記憶となった小田急9000形を彷彿させるものがあります。

夕方まで粘りましたが、列車密度の低い単線区間で撮影効率は悪かったです。結局、朝から飲まず食わずでの撮影となり、17時に館林に戻り駅前の白木屋で大好物の「馬刺し」とビールを口に、やっと一息ついた次第です。

好天に恵まれ、のんびりと撮影を楽しめた、いい一日となりました。


鉄道 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。


Nゲージ 1013T 東武8000系旧前面4輌トータルセット (塗装済車両キット)

Nゲージ 1013T 東武8000系旧前面4輌トータルセット (塗装済車両キット)

  • 出版社/メーカー: グリーンマックス
  • メディア: おもちゃ&ホビー






東武鉄道完全データDVDBOOK (メディアックスMOOK)

東武鉄道完全データDVDBOOK (メディアックスMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: メディアックス
  • 発売日: 2014/12/19
  • メディア: 大型本



nice!(131)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

I AM [音楽]

DEL_25_IAM_20180423_195258 - コピー.jpg

「I AM」、Earth, Wind & Fire が1979年にリリースしたアルバムのタイトルです。

歳のせいか(?)、私が若いころに聴いていたアナログLPで聴いていたアルバムを突然、聴いてみたくなることがあります。最近、突然、無性に聴いてみたくなったアルバムの1枚が「I AM」です。先日、CDを購入、「I AM」を聴くのは、おそらく35年振り以上になると思います。

このアルバムがリリースされた1979年、私はROCK/POPSに対する興味を失っていて、JAZZ/FUSIONにのめり込んでいた時期だったのですが、Earth, Wind & Fire の音楽は例外でした。

前作の「All 'N All」の完成度の高いサウンドに感銘を受け、1979年の日本武道会公演でEarth, Wind & Fire の最高のパフォーマンスを目の当たりにして魅了された私は、「I AM」の発売が待ち遠しくて、吉祥寺の新星堂に輸入盤(当然、当時はアナログLP)が入荷されると直ぐに購入、家に直行して再生したことを憶えています。

大きな期待を込めて、初めて聴いた時の印象は、「???」、ずいぶんと肩透かしを食ったというものでした。当時、新鋭だった作曲家、プロデューサーのDavid Foster を起用した「I AM」、黒っぽさが抜けた(抜けきった!)サウンドになった、随分とPOPなサウンドになったと思いました。完成度が高く、Soul Music の頂点とも思えた「All 'N All」に比べると、漂白しすぎて、柔軟剤が効きすぎて、色合いと好ましい肌触りを失った木綿のシャツのような音楽に仕上がっている感じがして、少しばかりがっかりしたことを憶えています。

この時、私は二度目に入学した大学の2年生でした。テニスサークルに入っていて冬以外はテニスに明け暮れ、通っていた大学のあった吉祥寺は当時はJAZZの街と呼ばれていたくらいにJAZZ界、オーディオ界の重鎮、野口伊織さん、寺島靖国さん、大西米寛さんのJAZZ喫茶が軒を連ね、大学の帰りには、それらの店でJAZZ/FUSIONに浸る毎日でした。そして、女子大学の学生とのコンパやダンスパーティーに精を出し、当時全盛だったディスコにも足繁く通ったことを懐かしく思いだします。歳をとった今になって、若いことって素晴らしいことだなぁ・・・・・と、しみじみと懐かしく、そして、とても寂しくもあります。

因みに、二度目の大学の4年間、鉄道趣味の活動を一切しなかった空白の期間でした。写真撮影はおろか鉄道雑誌を読むことすらしませんでした。その時代、私には鉄道より魅力的なものがありすぎました。

当時のディスコでは、Earth, Wind & Fire のアルバム「All 'N All」に収録の”Fantasy”、「TheBest of Earth, Wind & Fire, Vol.1」に収録の”September”が、一世を風靡するくらいに大ヒットしました。そして、「I AM」からは、The Emotions がコーラスで参加する、まさに王道を行くディスコナンバー”Boogie Wonderland”、チークタイムの定番となったDavid Foster作曲のバラード”After the Love Has Gone”がディスコで大ヒットしました。

ーーーーーーーーーー

今回、改めて「I AM」を聴いて、”Boogie Wonderland”や”After the Love Has Gone”が流れていた時代のディスコのフロアの光景、そして、その時代の自分をとても懐かしく思いだすことができました。もう遠い、いにしえの彼方の記憶となってしまいましたが・・・・・

「I AM」の収録曲のどれもが耳に心地よいですが、光より影のある音楽を好む今の私にとっては明るくて眩しい曲ばかりで、正対して音楽を聴くのが好きな私には、馴染めないアルバムだということを再認識しました。クルマのなかで聴き流すのが合うのかも知れません。そして、CDに追加収録されたボーナストラックは蛇足で、はっきり言って無いほうが良いです(アルバムの雰囲気をぶち壊しています!)。再発のたびに、無闇にボーナストラックを追加するのは止めてほしいものです。

私にとってEarth, Wind & Fire のアルバムのベスト1は「All 'N All」、ベスト2は「Raise!」で、この2枚はリリースしてから現在まで、ほぼ絶え間なく聴いてきた、長年の愛聴盤です。

「I AM」が「All 'N All」や「Raise!」のように、再び私の愛聴盤になるかは微妙なところです。私にとって「I AM」は音楽そのものやオーディオ的な視点で音楽を聴くのではなく、いにしえの日々を懐かしみたいときに聴きたくなるアルバムなのかもしれません。。。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。


太陽神(期間生産限定盤)

太陽神(期間生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2018/03/21
  • メディア: CD



天空の女神

天空の女神

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2013/07/24
  • メディア: CD



黙示録(期間生産限定盤)

黙示録(期間生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2018/03/21
  • メディア: CD


nice!(190)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

7200系撮影会 [撮影日記]

4月14日(土)
朝、阪急京都線に乗り十三まで、十三で阪急宝塚線に乗り換えて川西能勢口へ。川西能勢口で能勢電鉄に乗り換えて日生中央を目指しました。

日生中央に赴いた目的は能勢電鉄の「7200系撮影会」に参加するため。この撮影会は定員制の有料(¥1500)の撮影会です。参加申し込みをしていたのですが、抽選の結果「当選」した次第です。

阪急宝塚線、能勢電鉄に乗車するのは今回が初めてでした。因みに7200系というと、私には東京急行電鉄のダイヤモンドカットが真っ先に頭に浮かびます。

DEL_15_5100系_7200系_IMG_5196 - コピー.jpg
日生中央駅の引き上げ線に7200系と5100系に並びました。

DEL_15_5100系_IMG_5240 - コピー.jpg
5100系

DEL_15_7200系_IMG_5180 - コピー.jpg
7200系、
本日の主役です。阪急7000系電動車と6000系付随車を組み合わせた、能勢電鉄初のVVVF制御の最新鋭車両です。

撮影会のあと、日生中央駅のそばの中華料理店で少し早い昼食を取りました。高級な佇まいのこの中華料理店のママと食後に話し込みました。ママは私より10歳近く年上なのですが、非常に波乱万丈な人生を歩んできた方で、話を聞いていて引き込まれてしまいました。独特なオーラのある方でした。結局、1時間30分近く話をしていたと思います。

そのあと、山下駅で能勢電鉄の車両を一通り撮影。

DEL_15_1700系_IMG_5341 - コピー.jpg
1700系
いにしえの阪急2000系の面影が残ります。

DEL_15_3100系_IMG_5354 - コピー.jpg
3100系

DEL_15_5100系_IMG_5312 - コピー.jpg
5100系

DEL_15_5100系復刻塗装_IMG_5293 - コピー.jpg
5100系、復刻塗装

DEL_15_5100系復刻塗装_IMG_5324 - コピー.jpg
5100系、復刻塗装

能勢電鉄の現在の車両は全て阪急からの譲渡車両ですが、ちょっとローカルな雰囲気が漂う路線で車両を眺めると、阪急とは違った印象を受け、好ましく感じられました。

また、機会をみて能勢電鉄を訪れたいと思います。


鉄道 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。


阪急電鉄 宝塚線、箕面線、京都線、千里線、嵐山線、能勢電鉄 (1950~1980年代の記録)

阪急電鉄 宝塚線、箕面線、京都線、千里線、嵐山線、能勢電鉄 (1950~1980年代の記録)

  • 作者: 生田 誠
  • 出版社/メーカー: アルファベータブックス
  • 発売日: 2016/07/25
  • メディア: 大型本



阪急宝塚線・能勢電鉄: 街と駅の1世紀 (懐かしい沿線写真で訪ねる)

阪急宝塚線・能勢電鉄: 街と駅の1世紀 (懐かしい沿線写真で訪ねる)

  • 作者: 山下 ルミコ
  • 出版社/メーカー: 彩流社
  • 発売日: 2013/09/17
  • メディア: 単行本



nice!(195)  コメント(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

こんな夢を見た [つれづれ日記]

DEL_15_キングコング - コピー.jpg

私は眠っている時、ほとんどいつも夢を見ます。

見る夢の大半は悪夢で、同じパターンの夢を繰り返し見ることが多いです。楽しい夢を見ることが殆んどないのが、少しばかり残念でもあります。

昨晩、珍しく悪夢でない夢を2つ見ました。

ーーーーーーーーーー

1つ目の夢は、吉野家で牛丼を食べている夢。

私は牛丼チェーン店の牛丼は結構好きですが、吉野家には行くことは殆んどありません。
何処の吉野家の店舗も、牛丼の臭いが店内に染みついているように思えて心地よくないことと、店内の作り(カウンターや椅子)に馴染めないのがその理由です。
お弁当を持ち帰るのは、まあOKなのですが・・・・・

夢の中の吉野家は、カウンターに席が並ぶ洒落たBARのような店内でした。そして出てくる牛丼は竹の皮に包まれていて上質な牛肉が乗って、付け合せが高菜でした。こんなに高級感のある牛丼を出す吉野家があるんだと、夢の中の私は舌鼓を打ちつつ感心していました。
なかなか、美味しくて楽しい夢でした。

ーーーーーーーーーー

2つ目の夢は、インターネットのニュースページを見ていると、スティーブン・スピルバーグとエリザベス・テイラーが結婚したという二人の写真つきの記事を見つけて、驚いている夢。

夢の中で、どうして二人が結婚に至ったのであろうか? 歳の差はいくつなのか? などなど、興味津々でした。

朝起きて、すぐに実際にインターネットでエリザベス・テイラーを検索してみたのですが、2011年にこの世を去っていました。

映画をあまり観ない私ですがスティーブン・スピルバーグの作品は好きで結構観ています。しかし、エリザベス・テイラーの出演作品は、テーマ曲の”The Shadow of Your Smile”が好きだったことが理由で唯一「いそしぎ」をビデオで観たことがあるだけです。

夢の中にスティーブン・スピルバーグが出てくるのは解らないことはないのですが、エリザベス・テイラーが出てくるのは、ちょっと首をかしげてしまいます。
まあ、奇想天外で面白い夢ではありました。

ーーーーーーーーーー

悪夢に限らず、同じパターンの夢ばかりを見る私にとって、今までにないパターンの夢を2つも見たのは、ちょっと驚きでした、そして、それが悪夢でなかったことにホッとしています。

そして、この記事を書いて、たとえ悪夢であっても、眠りの中で見る夢を楽しんでいる自分がいることに気が付いた次第です。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。


いそしぎ [DVD]

いそしぎ [DVD]

  • 出版社/メーカー: 復刻シネマライブラリー
  • メディア: DVD



未知との遭遇 スペシャル・エディション [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

未知との遭遇 スペシャル・エディション [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray



太陽の帝国 (2枚組) [Blu-ray]

太陽の帝国 (2枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



nice!(137)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

一周忌 [つれづれ日記]

DEL_20_20180408_1 - コピー.jpg

4月8日 日曜日、義父の一周忌の法要を営みました。

午前9時、助手席に息子を乗せて、さいたまの自宅から、東京都多摩地域の嫁さんの実家にむけて出発。嫁さんの実家で嫁さんと義母を乗せて、義父の眠る菩提寺へ。

法要は私の家族の三人と義母のみで執り行いました。法要の後、お墓の掃除とお参りを済ませた次第です。

昨年の2月に義父が倒れて入院して以来、私の家族の生活は一変しました。それから一年の時を経て、やっと一変した家族の生活が安定して軌道に乗ったように思います。そして、高齢の義母には、いつまでも健やかにあって欲しいです。

DEL_20_20180408_2 - コピー.jpg

ーーーーーーーーーー

余談ですが、前日の 土曜日にクルマを洗車しました。洗車したそばからフロントウィンドウに黄色っぽい点々が、、、どうやら花粉のようです。。。

翌日に法要に向かうべくクルマに向かうと、白いボディが黄色っぽい薄いヴェールがかかったような状態でした。

今の時期はヒノキ花粉だと思いますが、こんなに花粉が飛んでいるんだとビックリしました。この8年近く白いボディのクルマに乗っていますが、春先に黄砂に悩まされたことはありましたが、花粉がこんなに降り注いだ記憶はありません。

つくづく、花粉症でなくて良かったと思った次第でした。。。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。
nice!(157)  コメント(18) 
共通テーマ:日記・雑感