So-net無料ブログ作成

PDU申請 [PMP]

DEL_25_PDU - コピー.jpg

本日、PDUの申請を実施。

申請したPDUの内容(claim)は、Category : Education - Read 、Activity Title : 考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則 : 10PDUです。
申請してすぐに、PMIのサイトにログインして、myPMIのDashboardを確認するとclaimはapprovedとなっていました。

今回、Activity Title の本を読んで、長年仕事をしてきて文書を数えきれないほど書いてきたのですが、果たして読み手に理解されたのであろうか?、と考えることしきりでした。この本に書かれた、ものの考え方、文書の書きかたを、そのまま実践するのは凡人には難しいかもしれませんが、大いに勉強になりました。

これで、2017年1月からの現在のCCRサイクルでは、前のCCRサイクルから繰り越した、Category : GivingBack Share Knowledge 、Activity : 社内向けPMBOK講習会実施 : 1.5PDUと合わせて、11.5PDUを獲得したことになります。

PMP資格更新には60PDU獲得が必要なので、2020年1月までに残り48.5PDU獲得が必要です。最後の最後で資格更新に慌てることがないように、少なくとも2018年中に40PDU以上の獲得を目指して、着実にPDU獲得に取り組みたいと思います。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。


考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

  • 作者: バーバラ ミント
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 1999/03/01
  • メディア: 単行本



プロジェクトマネジメント知識体系ガイド(PMBOKガイド)第5版 (A Guide to the Project Management Body of Knowledge)

プロジェクトマネジメント知識体系ガイド(PMBOKガイド)第5版 (A Guide to the Project Management Body of Knowledge)

  • 作者: Project Management Institute
  • 出版社/メーカー: Project Management Inst
  • 発売日: 2014/02/15
  • メディア: ペーパーバック



プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門 PMBOK第5版対応版

プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門 PMBOK第5版対応版

  • 出版社/メーカー: オーム社
  • 発売日: 2014/03/25
  • メディア: Kindle版



nice!(221)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

影が薄い? [つれづれ日記]

DEL_20_片瀬海岸 - コピー.jpg

昨日、出勤時にオフィスの入っているビルの玄関の自動ドアの前まで来たのですが、自動ドアが開きませんでした。
そして、仕事が終わって、ワンルームのそばのスーパーマーケットにお酒を買いに立ち寄ったのですが、スーパーマーケットを出る時に自動ドアが開きませんでした(入る時は開きました)。

どちらも、自動ドアの前で、後ずさりと前進を繰り返すと自動ドアは開きました。傍から私のその動作を眺めると、怪しい人と眼に映ったかもしれません。

私に自動ドアが反応しないことは、しばしばあります。3ヵ月ごとにコンタクトレンズの定期検診を受けている、さいたま市の眼科の自動ドアは殆どいつも開いてくれません。他の人は何事もなく出入りしているのですが・・・・・

今の自動ドアは光学式センサーが使われていて、黒っぽい服を着ていると反応しにくいということがあるようです。しかし、私は冬場のアウターやコート以外はカラフルな洋服を着ることが多いのですが、季節、服装に関わらずに自動ドアが反応してくれないことが多いです。

そして、私に駅の券売機、ATMのタッチパネルが反応してくれないことが多いです。後ろに他の人が並んでいるのに、立ち往生してしまうこともあります。

銀行店舗内のATMで私が立ち往生しているのを見かねて、銀行の係りの人が様子を見に来たこともありました。

こんなことがある度に嫁さんにこの話をするのですが、嫁さんの反応はいつも「やっぱり、この世の人じゃなかったんだ!」というものです。うーむ。。。

まあ、私は自分があまり生命力が強い人間だとは思っていないので、やはり影が薄いということなのかもしれませんね。。。

こんなことがある度に、幽体離脱していなかったことに安堵する自分がいます。。

<
日記・雑談 ブログランキングへ
よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。
nice!(160)  コメント(24) 
共通テーマ:日記・雑感

いにしえの記憶第2章(その16) [いにしえの記憶]

DEL_25_赤穂浪士 - コピー.jpg

過ぎ去った日々に徐々に埋もれていく、遠い日のいにしえの記憶

いにしえに放映されたNHK大河ドラマの記憶、その第1弾です。

----------

私は物心ついた時からテレビドラマを観るのが好きでした。

家族の影響もあってか、私が子供の頃、幼稚園児や小学校低学年の生徒が決して観ないような、シリアスな外国テレビドラマが特に大好きでした。アニメや子供向けのテレビドラマは好きではなく、殆んど観た記憶がないです。

そんなわけで、子供の頃に観たテレビドラマの記憶は、ほとんどが外国テレビドラマ(大半は米国テレビドラマ)です。

私が子供の頃、外国テレビドラマ以外で観ていた数少ないドラマの1つがNHK大河ドラマです。家族が好きだったこともあり、日曜日の夜は家族揃ってNHK大河ドラマを観るのが当時の日常となっていて、まだ子供だった私も家族と一緒に観ていました。

私がNHK大河ドラマを観たのは、昭和39年放映「赤穂浪士」から昭和53年放映「黄金の日々」の間の15作品です。それ以降、大河ドラマを観なくなったのは、歳とともに遊び呆けて日曜の夜や土曜日の昼に家に居ることが稀になったこと、そして、NHK大河ドラマが持っていた格調が徐々に失われていったと感じられ、関心が薄れてしまったことです。

15作品のなかの大半の作品は私の記憶には残っていません。同時代に観た外国テレビドラマのシーンが今でも鮮やかに蘇ってくるのですが、1年間を通して観た大河ドラマでそのような作品が少ないのは意外でもあります。

しかし、鮮やかに記憶が蘇るNHK大河ドラマ作品がいくつかあります。記憶が蘇る作品に共通することは、主題曲を鮮明に憶えていることです。

但し、「花神」(昭和52年)のように主題曲を鮮明に憶えていても、ドラマの内容が全く思いだせないもの、「太閤記」(昭和40年)は逆に、本能寺の変の織田信長(高橋幸治さん)の自害のシーンなど鮮明に思いだせるのですが、主題曲の記憶が全くないものもあります。

NHK大河ドラマのなかで、最も主題曲が印象に残っているのは、昭和39年放映の「赤穂浪士」です。
芥川龍之介さんの三男である芥川也寸志さんが作曲の主題曲、文句なしの名曲です。この曲は、昭和30年に美空ひばりさんが主演した映画「たけくらべ」の主題曲の使い回しだったということが、今では知られています。
しかし、この主題曲を耳にすると、己を律して、主君の仇を討つという本懐を遂げるまでの、浪士たちの生き様が眼に浮かぶようです。パシッ、パシッと入るムチ(パーカッション)の音が、浪士たちが置かれた厳しすぎる現実と決意の固さを表現しているように思います。
この物語の主題曲として、この曲の他には考えられません、この曲があってこそのNHK大河ドラマ「赤穂浪士」だと思います。

当時、NHK大河ドラマの日曜日の夜の放送時間は今より遅く、小学二年生だった私は、日曜日の夜の本放送ではなく、土曜日のお昼の再放送を母と一緒に観るのが常でした。因みに、NHK大河ドラマが午後8時台の放送になったのは、翌、昭和40年放送の「太閤記」からです。

母親と土曜日の昼間の再放送を観たなかで、もっとも、鮮明に印象に残っているシーンは、名前を呼ばれて控えの間から切腹へと向かう白装束の大石内蔵助と控えの間に残る同志との別れのシーンです。このシーンを観て、涙もろかった母が大粒の涙をぼろぼろと流していたのが、今でも昨日のことのように思いだされます(母は日曜日の夜の本放送も観ていた筈ですが・・・)。おそらく、「赤穂浪士」最終回のシーンだと思います。

----------

残念ながら、NHKは当時高価だったビデオテープを使いまわしていたため、「赤穂浪士」はもう二度と見ることはできません(他の同時代のNHK大河ドラマも同様)。

しかし、唯一、第47話「討ち入り」の映像が残っていて、DVD化されているので購入して観てみました。

ビデオテープからフィルム化された映像なので、画質、音質は決して良くはないのですが、53年前に観た記憶が蘇り、懐かしさと感動で胸が詰まりました。。。

このDVDには、吉良邸討ち入りから、夜明けが目前になっても吉良上野介を見つけることのできない、大石内蔵助、浪士たちの焦りと困惑が、秀逸なカメラワークでBGM控え目にきわめて淡々と描かれています。今、このNHK大河ドラマ「赤穂浪士」をこの1話しか見ることができないのは、なんとも残念でなりません。。。

まだまだ日本のテレビ放送の黎明期だったとも言えるかもしれないこの時代、セット、殺陣、効果音など、今の水準から比べるととてもチープです。しかし、この作品の持つ格調の高さ、映像の深さには、今日のテレビドラマ作品は到底及ばないように思います。出演者も今日のテレビドラマでは信じられないような、超大物俳優、名優が名を連ねています。

白黒テレビのブラウン管の前に垂れ幕のような布が下がっていて、テレビの電源を入れていない時は、その布を降ろしてブラウン管を覆うのが当たり前だった時代。このようにテレビがまだまだ特別な存在だった時代だからこそ、渾身の作品が生み出され、半世紀以上たっても輝きを失うことはない、、、DVDを観終わってふとそんなことを思ったしだいです。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。


大河ドラマ 赤穂浪士【NHKスクエア限定商品】

大河ドラマ 赤穂浪士【NHKスクエア限定商品】

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • 発売日: 2013
  • メディア: DVD



大河ドラマ 太閤記【NHKスクエア限定商品】

大河ドラマ 太閤記【NHKスクエア限定商品】

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • 発売日: 2013
  • メディア: DVD



中村梅之助主演 大河ドラマ 花神 総集編 全4枚【NHKスクエア限定商品】

中村梅之助主演 大河ドラマ 花神 総集編 全4枚【NHKスクエア限定商品】

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • 発売日: 2014
  • メディア: DVD



nice!(191)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

串かつ [つれづれ日記]

DEL_串かつ - コピー.jpg

もう1週間以上前のことですが・・・・・

----------

1月8日(成人の日)

夕方から夜にかけて、さいたまから大阪に移動。

普段、夕食は新幹線の中でお弁当を食べるのですが、年末年始に続いたトラブルで気が滅入りがちだったこともあり、趣向を変えて新大阪駅構内でお酒を飲むことに。時刻は20時頃でした。

ぶらぶらと駅構内のお店を見て回っていたのですが、串かつ屋さんに目が留まりました。約5年前に大阪に来てから、実は一度も串かつを食べたことがなく、日頃から食べてみたいと思い店に入りました。

お店の名前は「だるま」、混雑時なので時間制限1時間でカウンターに座りました。

飲み物は、プレモルの中瓶、一刻者水割り、串かつは、元祖串かつ2本、豚くし、アスパラ、ネギ、ウィンナー、しいたけの計7本を食しました。

サービスのキャベツはおかわりしました(キャベツ、実は大好物です)。

串かつ、衣サクサクでとても美味しかったです。揚げたての串かつがこんなに美味しいとは思いませんでした。。。

串かつ、毎週、通ってしまうかもしれないほど気に入りました。もっと早く食べてみればよかった!!!

<
日記・雑談 ブログランキングへ
よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。
nice!(146)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

最後のジェダイ [つれづれ日記]

DEL_25_エピソード8 - コピー.jpg

もう2週間近く前のことですが・・・・・

ーーーーーーーーーーーー

1月2日(火)

夜、息子をクルマに乗せて、さいたま新都心のコクーンシティまでドライブ。

コクーンシティに赴く目的は、MOVIXさいたまで「スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ」をレイトショーで鑑賞するため。

1999年公開の「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」以降、スター・ウォーズシリーズは家族3人揃って映画館で鑑賞していたのですが、今回、嫁さんは“もうスター・ウォーズを観たいとは思わない”、ということで、息子と2人での鑑賞となったしだいです。嫁さんが観たいと思わない理由は、“昔のスター・ウォーズと作品の雰囲気が変わった”というものでした。

確かに、エピソード4・5・6が持っていたファンタジーの側面は、近作では薄れてきているのかも知れません。

因みに、息子がエピソード1を観たのは幼稚園のときでしたが、今になって考えると、幼稚園児が観るには刺激が強すぎる映画だったかもしれません。

----------

ジョン・ウィリアムズのテーマ音楽をバックに、暗い宇宙空間に浮かぶ星々に流れるオープニング・クロールを観るたびに、また、スター・ウォーズの世界と再会できたことが、無性に嬉しくなってしまいます。

ネタバレになるのであまり書きませんが、エピソード8、スター・ウォーズとして風変わり、そして予期せぬ展開が連続の作品だったというのが、私の率直な印象です。

でも、もちろん見応え十分! 面白かったです!!!

レイ、前作より、スクリーン上での印象は女性らしくなり、とても魅力的でした。

ルーク、もちろん旧三部作の時代に比べて老け込みましたが、その風貌、風格が役柄にとてもマッチしていました。

レイア・オーガナ、エピソード8はキャリー・フィッシャーさんの遺作となりましたが、この作品での彼女の役柄と存在感は絶大です。キャリー・フィッシャーさん亡きエピソード9はどうなってしまうのか、ちょっと心配です。

カイロ・レン、レンの心の移ろいがエピソード8の見所の1つ知れません。アダム・ドライバーさん、前作よりも断然カッコいいです。

映画を観終わって、三部作最後となるエピソード9で物語がどんな結末を迎えるのか?
クルマのなかで、三部作の結末の予想を息子と話しながら帰宅の途につきました。

2019年12月20日、エピソード9の公開が今から待ち遠しいです。

やはり、私にとってスター・ウォーズは特別な映画です。。。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。





トミカ スター・ウォーズ TSW-08 ファースト・オーダー AT-M6

トミカ スター・ウォーズ TSW-08 ファースト・オーダー AT-M6

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー



トミカ TSW-06 トミカ スター・ウォーズ レジスタンス Xウイング・ファイター

トミカ TSW-06 トミカ スター・ウォーズ レジスタンス Xウイング・ファイター

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー



nice!(125)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

年末年始 [つれづれ日記]

DEL_25_元旦.jpg

大変にご挨拶が遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

年末年始は12月29日から1月8日まで仕事を休んで、さいたまに帰っていたのですが、プライベートで3件のトラブル、1件は年末、2件は正月三が日に立て続けに起き、その対応などで気を遣ったり、時間を取られたりで、長い休みだったのですが、ゆっくりとできませんでした。そんなわけで精神的にも参ってしまい、いくつか計画を立てていたのですが、大半の計画は見送ってしまいました。

リバイバル赤電の撮影で久しぶりの西武鉄道の訪問を目論んで、カメラを持って、さいたまに戻ったのですが、撮影は止めにしました。結局、休みの期間中にカメラの出番はありませんでした。

それでも、2017年最後の記事に書いた家族で築地市場、旧友たちとの飲み会、映画鑑賞には出かけました。

この年末年始で、2018年一年分のアンラッキーな出来事が出尽くして、これからが良い方向に向かってくれると、立ち直れるのですが・・・・・

こんなわけで、年末年始の休みの間はブログの更新、皆様のブログの訪問が出来ませんでした。また、新年のご挨拶のコメントができず、礼を欠いたことを、お詫びいたします。

皆様の2018年のご多幸を心よりお祈りしております。

----------

追伸です。

1月8日夜に大阪に戻ったのですが、プライベートのPCでメール送受信ができなくなるトラブルが発生しました。12/28の朝までは問題なくメールが使えていたのですが・・・・・

結局、Outlook 2013の設定をやり直したり、かかりっきりで悪戦苦闘の末に、やっと昨日の夜遅くメールの送受信ができるようになりました。どうやら、プロバイダーの暗号化方式が変更されたことに起因する問題だったようです。

面倒なことが続いています。。。思わす溜め息が出てしまいます・・・・・

<
日記・雑談 ブログランキングへ
よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。
タグ:Outlook
nice!(118)  コメント(18) 
共通テーマ:日記・雑感