So-net無料ブログ作成

3回観ました [音楽]

DEL_20_ボヘミアン・ラブソディ - コピー.jpg

映画「ボヘミアン・ラプソディ」、3回観ました。

11月23日と1月1日は夕方の上映、1月5日はレイトショーでの鑑賞でした。
最初に観たときのことは記事に記しています(↓)。
https://shibatetsu.blog.so-net.ne.jp/2018-11-23-1

※以下の内容はネタバレです。ご注意ください。

----------

「ボヘミアン・ラプソディ」、涙なしに観ることができません。最初に観たときの記憶を思い起こしました・・・

映画の冒頭から、クイーンの素晴らしい音楽で目頭が熱くなりました。しかし、その目頭の熱さ、ほんの序章に過ぎませんでした。

Love of My Life(Rock in Rio)がテレビから流れている部屋で、フレディが恋人メアリーにバイセクシャルであることを打ち明けるシーン、私の涙腺は緩み始めました。メアリーが「あなたはゲイよ」とフレディに向けた言葉、悲しすぎる言葉でした。

フレディの新居が完成して、電話を通してフレディと向かいに住むメアリーが、お互いに窓際のスタンドの灯りをチカチカと点滅させるシーン・・・、私の涙腺はどんどんと緩んでいきました。フレディがグラスを手に持って乾杯しても、メアリーはグラスを手にしなかったことが、観ていてとても辛かったです。

フレディが病院でAIDSの告知を受けるシーン、そして病院の廊下を歩くフレディに気づいた、おそらくAIDS患者であろう青年がフレディに “エーオ” と声をかけて、フレディが小声で “エオ” と応えるシーン・・・、流れていた Who Wants to Live Forever の響きが、あまりにも悲しく聴こえ、涙が溢れ出ました。

ウェンブリーに向けてのリハーサルのあと、フレディがバンドのメンバーにAIDSであることを告げるシーン、告知を聞いた、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、ジョン・ディーコンがフレディに向けた温かい眼差し・・・、溢れ出る涙を止めることできませんでした。

そしてライヴエイド、まさにフレディがウェンブリーの空に穴を開けた Bohemian Rhapsody の熱唱、フレディの魂の熱唱にブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、ジョン・ディーコンが向けた驚きと尊敬の眼差し・・・、もはや涙腺は完全に決壊してしまいました。

ライヴエイド最後のパフォーマンス We Are the Champions、ピアノから離れマイクを手にしたフレディが天に拳を突き上げ、ウェンブリー、世界中のオーディエンスに向かって熱唱するシーン・・・、周囲に人が居なかったら、声をあげて号泣していたと思います。

そしてウェンブリーのステージを去るバンド4人の映像がスローモーションとなり、エンディングロールが終わるまで流れる Don't Stop Me Now、The Show Must Go On、この2曲、この選曲がさらに涙を誘いました。私が観た3回とも、エンディングロールが終わるまで観客の誰一人、席を立つことはありませんでした。無論、私も席を離れることはできませんでした・・・

ーーーーーーーーーー

DEL_20_ボヘミアン・ラプソディ2JPG - コピー.jpg

私の人生の中で映画館で2回観た映画はありましたが、3回観た映画は「ボヘミアン・ラプソディ」が初めてです。

そして間違いなく、私の長くなってきた人生で、「ボヘミアン・ラプソディ」が最も感動した映画となりました。

この映画には数多くの賛辞の声とともに、否定的な声があることは知っています。
・史実と異なる
・実際のライヴエイドで演奏されたのは6曲である
・フレディが似ていない
・単なる口パク
などなど

しかし私には、そんな否定的な声も、この映画が与えてくれる感動のまえには、意味がないように聞こえます。

私がそのように思うのは、「ボヘミアン・ラプソディ」が、あくまでも映画として素晴らしいからです。
脚本、演出、俳優、演技、カメラワーク、音響、ストーリーの展開に深い示唆を与えているクイーンの音楽、それらが相まって、これほど感動的な作品が生まれたのだと思います。そして、クイーンの音楽そのものの魅力なくして成り立たない映画であるのは、まぎれもない事実です。

----------

高校3年生のときに出会った Killer Queen がとても好きで、クイーンの音楽を聴くようになりました。それから、早、丸44年が経ちました。

18歳のときに聴き始めたバンドの音楽が、40年以上の歳月を経た今、とてつもなく大きな感動を与えてくれました。このことで、人生、歳をとっても、若いころと同じように、それ以上に感動する心を持ち続けることができることを、認識したしだいです。歳をとることも、いいものかも知れません。

The Show Must Go On、音楽に感動する心がある限り、きっと、ショーは続きます。


日記・雑談 ブログランキングへ


シアー・ハート・アタック

シアー・ハート・アタック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2011/03/16
  • メディア: CD



オペラ座の夜

オペラ座の夜

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2011/03/16
  • メディア: CD



世界に捧ぐ

世界に捧ぐ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2011/06/22
  • メディア: CD



ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2018/10/19
  • メディア: CD


nice!(261)  コメント(15) 

nice! 261

コメント 15

johncomeback

僕は2回観ました、もう1回観たいです。
僕も高校の頃にファンになり『クイーン II』を最初に買いました。
by johncomeback (2019-01-14 11:48) 

芝浦鉄親父

johncomebackさま、こんにちは。
私も、また観るかもしれません。「ボヘミアン・ラプソディ」は映画館で観るべき映画ですね。
私が最初に買ったアルバムは「シアー・ハート・アタック」です。アナログ盤が擦り切れるくらい聴きました。
by 芝浦鉄親父 (2019-01-14 12:36) 

ゆきち

2回観ました。
フレディの苦しみや孤独がじわじわと胸にしみわたり、映画の中で散りばめられた伏線が見事にライブエイドで回収され、最高のパフォーマンスとして結実する。
素晴らし映画だと思いました。
学生時代に大好きでよく聴いていたクイーン。
古いアルバムを引っ張り出してまた聴き直しています。
何十年もたってまたこれほど心を揺り動かされるとは思ってもみませんでした。
やっぱりクイーンは最高です^^
by ゆきち (2019-01-14 16:50) 

芝浦鉄親父

ゆきち様、こんばんは。
本当に素晴らしい映画です。
フレディの孤独と悲しみ、バンドメンバーの深い絆、胸が締め付けられます。そして、このバンドだからこそ、素晴らしい音楽を生み出すことができたのだと納得しました。
そして、ライブエイドのパフォーマンス、鳥肌が立ち、魂が揺さぶられました。映画を観てこんな感覚を覚えるとは、夢にも思いませんでした。
これほどまでの感動を与えてくれるクイーンの音楽、最高ですね!
永遠に聴き継がれていくと思います。
by 芝浦鉄親父 (2019-01-14 18:17) 

Labyrinth

実は私もすでに3回・・・ 今年の初映画はこれでした。
初泣きですね(;^_^A 何度観ても同じように泣けてしまうのかも・・・。
芝浦鉄親父 さんと同じタイミングのようで? 妙に安心したり・・・?w

私は主演俳優の愛嬌のある表情が功を奏していると思うのですけれども!?
そこでちょっと気になるのは “史実と異なる” ということです・・・
クイーンは詳しくないので (汗) よろしければお教え下さいませ。
by Labyrinth (2019-01-16 01:21) 

芝浦鉄親父

Labyrinthさん、おはようございます。
何度観ても泣けてしまいますね。とくにライブエイドのシーンは圧倒的な感動です。
史実との違いはネット上にいろいろと書かれてはいますが・・・
フレディがAIDSの告知を受けたのは、実際にはライブエイドの1、2年あとのことだと思います。私がこのように思う理由は、フレディがこの世を去った時のニュース、特集番組がこのように伝えていた記憶があるからです。
史実との違いがいくら論じられても、この映画の素晴らしさは不動だと思います。
by 芝浦鉄親父 (2019-01-16 08:40) 

kiki

1度しか観ていませんが、面白い映画でした。
良かったです。
批評家はいろいろ言いますし、好きずきは勝手です。
好きなものは好きで良いです
by kiki (2019-01-16 19:39) 

芝浦鉄親父

kikiさま、こんばんは。
好きなものは好きで良いですね!
日本でクイーンの人気が出たころは、ベイ・シティ・ローラーズの対抗馬として扱われ、女の子のアイドルのイメージでした。
当時、今でも付き合いのあるロックファンの友人たちにクイーンが好きだと話すと、思いっきり馬鹿にされたことを憶えています。
健全なロック少年(?)が聴く音楽は、ディープ・パープル、レッド・ツェッペリンといった時代でした。
好きだと思う心、好きであり続ける心、とても大切なことだと思います。
by 芝浦鉄親父 (2019-01-16 22:25) 

ゆうみ

私も二回みました。
若いころクイーンが大好きでした。
by ゆうみ (2019-01-20 22:32) 

芝浦鉄親父

ゆうみ様、おはようございます。
「ボヘミアン・ラプソディ」を観てから、クイーンのCDばかり聴いています。
上映が終了するまでに、もう1回は観に行きたいです。
by 芝浦鉄親父 (2019-01-21 08:29) 

hanamura

ご覧いただいた通り、拍手、声出し、OK!の回に参加しました。
機会がありましたら是非どうぞ! コスプレは・・・(あはは笑)
by hanamura (2019-01-23 12:20) 

芝浦鉄親父

hanamuraさま、こんばんは。
4回目は、"胸アツ"応援上映で鑑賞するかもしれません。
コスプレはやはり全身タイツできめるしかないですかね? 映画館に辿り着く前に逮捕されそうですが・・・
by 芝浦鉄親父 (2019-01-23 19:50) 

coco030705

こんばんは。
3回ご覧になりましたか!私は普通上映とDolbyで観ました。Dolbyが、非常に臨場感があってよかったです。観客動員数100億人とは!考えられない数字です。
私は映画を観るまでは、QUEENの曲もよく知らず(耳馴染はありましたが)本当に損をしたと思っています。
フレディー・マーキュリーのこと、知らなかったので、映画で知って感動しました。何と魅力的な人なんだろうと、大好きになってしまいました‼ 今は、CD&DVDを集めているところです。そして、you tubeでフレディーはじめ、ブライアンやロジャーのインビューを聴いたりしています。でも、リアルタイムでコンサートに行きたかったです!フレディーのカッコよさをこの目でみたかったし、彼の本物の歌声に浸りたかった……。(涙)
史実と映画がちがうということについてですが、ブライアンがこのように言っています。「映画というものは、事実をシャッフルして並び替え、より感動的な場面を創り出すものだ。だから、僕は、順番が違っても何の問題もないと思う。この映画は単なる伝記映画ではなく、純粋なアートなんだよ」とね。ブライアン、よくわかってますね~~☆
主演のラミ・マレックは、最初は似てないと思ってたんですが、だんだんと似てきて、最後はフレディーがよみがえったのかと思いました。終わるまでにもう一度行くかも、です。いつまでも書いてしまいそうなので、この辺りで終わります。





by coco030705 (2019-01-24 18:45) 

芝浦鉄親父

coco030705さま、こんばんは。
明後日、4回目を観に行きます。まだまだ、観足りないです。
私は高校時代から、ずーっと付き合いのあるロックが好きな3人の友人が居ます。今でも、私を含めて4人のグループでつるんでいます。4人のうち、私だけがクイーンのコンサート(そしてフレディ)を観たことがありません。
私はロックが好きですが、JAZZ/FUSIONも大好きで、若かりし頃、コンサートはもっぱらロックではなくJAZZ/FUSIONばかり、マイルス、ウェザーリポート、チック・コリアなどなどを、追っかけていたせいです。
今となっては、何とも、悔やまれてしまいます。
私には音楽のジャンルを問わず、心に刻まれているコンサートが数多くありますが、映画「ボヘミアン・ラプソディ」は、それら以上に心に刻まれる音楽体験となりました。
by 芝浦鉄親父 (2019-01-24 20:26) 

coco030705

芝浦鉄親父様、またお邪魔します。
同感です! 私はロックをあまり聴かなかったので、これから、色々なロックを聴いて行こうと考えています。いつか、再度フレディー・マーキュリーの記事を書くかもしれません。
4回目ご覧になったら、ぜひまた感想を書いてくださいね。お待ちしております。


by coco030705 (2019-01-24 21:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。