So-net無料ブログ作成

魂が揺さぶられました [音楽]

DEL_20_コクーン - コピー.jpg

11月23日(勤労感謝の日)の夕方、クルマでさいたま新都心のコクーンシティまで出かけました。

コクーンシティに赴いた目的は、MOVIXさいたまで、映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観るため。独りで映画を観るのは、1983年「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの復讐(帰還)」以来、35年振りです。

27年前となる1991年11月23日、フレディ・マーキュリーがAIDS患者であるという声明文が発表され、ニュースが世界中を駆け巡りました。その発表の翌日にAIDSによる感染症でフレディ・マーキュリーはこの世を去りました。2日続けて流れたフレディ・マーキュリーのニュースの内容が、初日のニュースでAIDS感染、間髪をいれず翌日のニュースでAIDSによる死去だったことに、とても衝撃を受けたことを今でもよく憶えています。

----------

クイーンの3枚目のアルバム「シアー・ハート・アタック」 (Sheer Heart Attack)からシングルカットされたキラー・クイーン(Killer Queen)を聴いて、クイーンの音楽が好きになり、以来、彼らの音楽を聴き続けています。

1975年にリリースされた4枚目のアルバム「オペラ座の夜」(A Night at the Opera)からシングルカットされた、この映画のタイトルともなっている「ボヘミアン・ラプソディ」(Bohemian Rhapsody)を初めてラジオで聴いた時の衝撃は忘れられません。まさに驚愕のサウンドでした。

DEL_20_オペラ座の夜 - コピー.jpg

これがクイーンの音楽!? かと我が耳を疑いました。フレディ・マーキュリーの情感溢れるボーカル、多重録音による重厚なコーラスと彩に満ちたサウンド、変幻自在で巧みな曲の構成、私は一聴して魅了されてしまいました。無論、「オペラ座の夜」は私の愛聴盤となり、今日まで聴き続けています。そして、その後もクイーンは音楽性を変えつつ、つぎつぎと素晴らしい作品を、世に送り出し続けてくれました。

----------

映画「ボヘミアン・ラプソディ」、ネタバレになるのであまり記しませんが、リアルタイムでクイーンの音楽に接してきた人にはたまらない映画だと思います。
しかし、この映画のフレディ・マーキュリーを観ていると、孤高の天才音楽家、芸術家であるがゆえの寂しさ、悲しみが伝わってきて、観ていてとてもつらい気持ちになったのは事実です。

DEL_20_iDrive - コピー.jpg

そして、20分間の「ライヴエイド」のシーン、凄すぎる! としか言いようがありません。圧倒的な迫力!、鳥肌が立つほどの臨場感!、神が降臨したがごとくのパフォーマンス!、完全にノックアウトされました。まさに、魂が揺さぶられました。
改めてクイーンの音楽の、とてつもないパワー、揺るぎなき存在感、かけがえのない魅力を映画館で実感できました。

全編を通して涙が溢れるシーンが多かったです。映画の後半からは、いくら手で涙を拭っても、もはや流れる涙を止めることができませんでした。平凡な言葉になりますが、とても感動的で素晴らしい映画でした。そして、私が長い人生(?)の中で、最も涙した映画となりました。

----------

映画のなかのバンドの4人のメンバー、誰もが本人に似ていましたが、私にはブライアン・メイが、とりわけ本人に似ていたように思います。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観て、クイーンの音楽、そしてロックをますます好きになってしまいました。そして、フレディ・マーキュリーのパフォーマンスをこの眼で見る機会を作らなかったことが、とても悔やまれてしまいます。


日記・雑談 ブログランキングへ


シアー・ハート・アタック

シアー・ハート・アタック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2011/03/16
  • メディア: CD



オペラ座の夜

オペラ座の夜

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2011/03/16
  • メディア: CD



世界に捧ぐ

世界に捧ぐ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2011/06/22
  • メディア: CD



ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2018/10/19
  • メディア: CD


nice!(223)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 223

コメント 10

kuwachan

私もブライアン・メイ(あとロジャー・テイラー)が似ていると思いました。
年齢的にないハズですが、まさか本人?かと思った位でした(笑)
by kuwachan (2018-11-25 21:36) 

かずのこ

まだ観てませんが、
みなさん絶賛されているので、
楽しみにしています。
by かずのこ (2018-11-26 12:32) 

芝浦鉄親父

kuwachanさま、こんばんは。
確かにブライアン・メイとロジャー・テイラーは、若き日の姿と見紛うほどでしたね。
映画だとは解っていても、眼の前で全盛期のクイーンのパフォーマンスを観た思いがしました。
by 芝浦鉄親父 (2018-11-26 19:37) 

芝浦鉄親父

かずのこ様、こんばんは。
是非、観てください!
ボヘミアン・ラプソディは絶対に映画館のスクリーン、音響設備で観るべき映画です。
ライヴエイドの20分間、本当に凄いです!、圧倒されます!!
by 芝浦鉄親父 (2018-11-26 19:46) 

ヤマカゼ

あるラジオ番組のパーソナリティの方も感動したと言ってましたね。いつの時代も人に感動を送るメッセージとはいいですね。
by ヤマカゼ (2018-11-26 21:28) 

ゆきち

まだ観ていませんが、絶対に観たい映画です!
フレディが無くなった時は大泣きしました・・・。
映画館で一緒に歌ってしまいそうです^^
by ゆきち (2018-11-26 21:34) 

芝浦鉄親父

ヤマカゼさま、こんばんは。
素晴らしい音楽は、時を超えて輝き続けますね。
私はもういい歳になりましたが、素晴らしい音楽に接した時に感動する心を持ち続けたいです。
by 芝浦鉄親父 (2018-11-26 22:11) 

芝浦鉄親父

ゆきち様、こんばんは。
絶対に観てください! 映画館のスクリーンと音響で観てください!!
クイーンの音楽の素晴らしさ、フレディ・マキュリーの生涯、、、本当に泣ける映画です。
by 芝浦鉄親父 (2018-11-26 22:30) 

gon

私は逆に好きすぎてニセモノは観たくない派です(^^;
この時期になると毎年「フレディ、何で死んじゃったんだー」と叫んでます…
by gon (2018-11-29 03:26) 

芝浦鉄親父

gonさま、おはようございます。
「逆に好きすぎて・・・」、gonさまのお気持ちも解るような気がします。
フレディ・マーキュリーがこの世を去って、早27年。これからもずっと、世界中の人々に感動を与え続けてくれると思います。
by 芝浦鉄親父 (2018-11-29 08:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。