So-net無料ブログ作成

出遅れましたが・・・ [音楽]

DEL_15_Beatles_IMG_7178 - コピー.jpg

写真は大阪のCDラックにあるThe Beatles関連のアルバムです。本日、大阪のCDラックに新しいアルバムが1枚加わりました。

ーーーーーーーーーー

9月7日にリリースされたPaul McCartneyの5年ぶりのニューアルバム「Egypt Station」、出遅れましたが、本日、初めて聴いてみました。私は基本的にCDは輸入盤を購入するのですが、「Egypt Station」を発売前に予約するのを忘れてしまいした。気がついたときには、輸入盤は在庫切れとなっていて、手に入れるのが遅くなってしまいました、

前作の「NEW」、賛否両論あると思いますが、私は初めて聴いたときから好感を持っていて、The Beatles以降の、Paul McCartneyのソロ、Wingsのアルバムの中では、かなり好きなアルバムです。当然、次作である「Egypt Station」には注目していました。


そして、「Tug Of War」以来、34年ぶりBillboardアルバム・チャート1位、しかもThe Beatles以降のソロ、Wingsのアルバムとしては初めてとなる初登場1位に輝いた「Egypt Station」、大きな期待を込めて聴きました。

初めて聴いた感想は、"よく解らない"、"もう少し聴きこんでみないと・・・"、というのが率直なところです。

音楽を聴いたときに懐く印象は人それぞれだと思いますが、「NEW」を初めて聴いたときは、「鮮烈」、「クリア」、といった印象を懐きました。「Egypt Station」では「暖かみ」、「穏やか」といった印象を懐きました。初めて聴いたあと鮮明に記憶に残ったのは、圧倒的に「NEW」です。

「Egypt Station」、親しみが湧くくらいに聴きこんで、自分なりにこのアルバムの良さを見つけ出してみたいと思います。

----------

9月17日のカナダ・ツアーを皮切りにPaul McCartneyのワールド・ツアー「FRESHEN UP TOUR」がスタートしました。そして、10月・11月に ジャパン・ツアーが開催されます。

11月1日の東京ドーム公演のチケットを確保しました。万難を排して東京ドームに駆けつけるつもりです。いい歳をして笑われそうですが、再びPaul McCartney会えると思うと、目が冴えて眠れなくなってしまう自分がここに居ます。


日記・雑談 ブログランキングへ


バンド・オン・ザ・ラン(紙ジャケット仕様)

バンド・オン・ザ・ラン(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: ポール・マッカートニー,リンダ・マッカートニー
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/12/13
  • メディア: CD



ヴィーナス・アンド・マース(紙ジャケット仕様)

ヴィーナス・アンド・マース(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: ポール・マッカートニー&ウイングス,トニー・ハッチ,ポール・マッカートニー,トニー・ドーシー
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/12/13
  • メディア: CD



タッグ・オブ・ウォー(紙ジャケット仕様)

タッグ・オブ・ウォー(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: ポール・マッカートニー
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/12/13
  • メディア: CD



New

New

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal
  • 発売日: 2018/05/18
  • メディア: CD



Egypt Station

Egypt Station

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Capitol
  • 発売日: 2018/09/06
  • メディア: CD


nice!(145)  コメント(2) 

nice! 145

コメント 2

そらへい

ポール・マッカトニー来日もあるようですね。
音楽も女性とよく似ていて
始め何とも思わなかったのに、聞いているうちに
惹かれてしまうと言うことありますね。
by そらへい (2018-09-26 20:28) 

芝浦鉄親父

そらへい様、こんばんは。
うーむ、、、私は下心を懐いた女性は初めて合った瞬間に、"何とかしたい・・"と思うことが多かったです。まぁ、若いころの話ですが・・・
最初は何とも思わなかったのに聴きこんでいくほどに惹かれてしまう作品、私の頭の中に、ふと(JAZZでは)、Pat Metheny Groupの「Offlamp」が頭に浮かびました。リリースされた当時、JAZZ喫茶で聴いてもピンときませんでしたが、聴きこむほど好きになり長年の愛聴盤となりました。
by 芝浦鉄親父 (2018-09-27 20:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。