So-net無料ブログ作成

CLAPTON [音楽]

DEL_IMG_13_5196 - コピー.jpg

世界的に知られているシャンソンの名曲「Autumn Leaves」(枯葉)、ジャズ好きな私にとってはなじみ深い曲です。逆に言うと、ジャズアルバム以外では、私には全くなじみのない楽曲でした。

ジャズ素材としての「Autumn Leaves」で私が最も好きな演奏は、Bill Evansの「Portrait in Jazz」の3曲目「Autumn Leaves」(take2 mono)です。Riverside Records時代の黄金のトリオ(Evans、Scott LaFaro、Paul Motian)のスピード感のあるスリリングな演奏は堪りません。

次に好きな演奏は、Julian "Cannonball" Adderleyの「Somethin' Else」の「Autumn Leaves」。あまりにも有名な演奏です。事実上はMiles Davisのリーダーアルバムのこの1曲目の演奏、Milesの奏でる、神々しささえも感じられるミュートトランペットの音色は、全ての雑念を取り払ってくれるかのようです。

他にもBill Evans with Jeremy Steigの「What's New」など、ジャズ素材としての「Autumn Leaves」の演奏は星の数ほどありますが、この2枚のアルバムの「Autumn Leaves」は、私にとっては、この楽曲として至上の存在でした。

・・・・・

以前、Eric Claptonの「CLAPTON」(2010)というアルバムを購入していたのですが、CDの封を開けることもなく、大阪で放置プレイ状態が続いていて、一度も聴いたことがありませんでした。

昨夜、久しぶりに音楽を聴く時間が取れたので、CDの封を開け「CLAPTON」を聴いてみました。一切の予備知識、先入観を持たずに聴いたのですが、「Unplugged」(1992)にも通じるところのある肩の力が抜けた、いい感じの、Clapton節とも言えるBluesが聴ける、とても好印象のアルバムです。

そしてアルバムのラストは「Autumn Leaves」でした。うーむ、この「Autumn Leaves」、文句なしの素晴らしさ!!!。久しぶりに、いい音楽に巡り合ったという実感が持て、とても幸せな気分に浸ることができました。Claptonのボーカルとギターが本当に心に染み入りました。Claptonのボーカルが心の琴線に触れたような気がして、 思わず涙が出ました。
※歳を取ると涙もろくなるものです・・・・・

ちょっと大袈裟ですが、音楽のジャンルこそ違え、Bill Evans TrioやMilesの「Autumn Leaves」を初めて聴いた、若かりし頃と同じくらいの感動を久々に覚えました。

私にとってのClaptonの ベストアルバムは、どんなに彼の音楽スタイルが変わっても、「461 Ocean Boulevard」(1974)でしたが、「CLAPTON」は、それに匹敵する存在のアルバムになりそうな予感さえします。

長年、様々なジャンルの音楽を聴いてきたのですが、新たな感動に巡り合うことは、時間の移ろい、歳とともに、当たり前ですが少なくなりました。しかし、 「CLAPTON」の「Autumn Leaves」のような、素晴らしい出会いがあると、まだまだ、もっと色々な音楽を聴くんだ!という新たな気分にさせてくれる原動力となります。ますます音楽が好きになってしまいました。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。




クラプトン

クラプトン

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2010/09/22
  • メディア: CD




Somethin' Else

Somethin' Else

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Blue Note
  • 発売日: 1999/02/04
  • メディア: CD




ポートレイト・イン・ジャズ+1

ポートレイト・イン・ジャズ+1

  • アーティスト: ビル・エヴァンス,スコット・ラファロ,ポール・モチアン
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2014/10/08
  • メディア: CD



nice!(159)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 159

コメント 6

DEBDYLAN

音楽ってイイっすよね♪
僕はキャノンボール(マイルス)の「枯葉」が好きです^^。

by DEBDYLAN (2016-01-21 22:54) 

芝浦鉄親父

DEBDYLANさま、こんばんは。
サムシンエルスの「枯葉」、リリシズムのなかに、当時のマイルスの音楽が持つ、日本刀の刃先の光沢のような厳しさが感じられる、まさに名演ですね!
いゃ~ぁ、、、音楽っていいものですね。。。
by 芝浦鉄親父 (2016-01-21 23:55) 

saia

私も音楽を聴くのが大好きなので、芝浦鉄親父さんがおっしゃる、新たな感動に巡り合うことや、素晴らしい出会いの喜びがわかるような気がします!
いつも聴いている音楽だけではなく、いろいろなジャンルの音楽を聴くのも楽しいですね(*´▽`*)

by saia (2016-01-22 15:10) 

芝浦鉄親父

saiaさま、こんばんは。
いつも聴いている音楽ではなく、新しい音楽を聴き続けて行くことは、結構、パワーの要ることだと思います。
私くらいの歳になると、ついつい長年の愛聴盤に手が伸びてしまいますが、これからも新しい出会いを積極的に求めて行きたいと思っています。
by 芝浦鉄親父 (2016-01-22 19:39) 

NO14Ruggerman

ビルエヴァンス枯葉…いいですよね〜
で、あの名曲をクラプトンが演っているんですか!
そりゃすぐ聴かなくては!!
by NO14Ruggerman (2016-01-26 21:08) 

芝浦鉄親父

NO14Ruggermanさん、こんばんは。
「Portrait in Jazz」の「枯葉」、最高ですね!。スリリングな演奏、ピアノトリオの魅力が溢れています。
そして、円熟のクラプトンの「枯葉」、しみじみといいです!。ぜひ、聴いてみてください。

by 芝浦鉄親父 (2016-01-26 22:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0