So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

60PDUs [PMP]

DEL_25_ハードロックJPG - コピー.jpg

昨日、PDU申請を実施。

申請したPDUは、カテゴリ:ギブバック>Work as a Practitionerの”PMOとしてECサイト開発プロジェクトに参画"(2018年12月~2019年4月)”で8PDUsです。申請してすぐに、PMIのサイトにログインして、myPMIのDashboardを確認するとclaimはapprovedとなっていました。

これで、今CCRサイクルで獲得したPDUが60PDUsとなり、PMP資格更新の条件をクリアしました。CCRサイクルは2020年1月までなので、かなり前倒しで60PDUs獲得を達成です。因みに60PDUs獲得に、実質ほとんどコストを掛けませんでした。

20PDUsは次のCCRサイクルに持ち越せるので、引き続き地道にPDUを獲得して行こうと思います。

せっかく取得した資格なので、これからも資格更新を怠らず、仕事に少しでもプラスになるように、活かしていきたいものです


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。


プロジェクトマネジメント知識体系ガイド PMBOKガイド 第6版(日本語)

プロジェクトマネジメント知識体系ガイド PMBOKガイド 第6版(日本語)

  • 作者: Project Management Institute
  • 出版社/メーカー: Project Management Inst
  • 発売日: 2018/01/01
  • メディア: ペーパーバック



PMPパーフェクトマスター PMBOK第6版対応

PMPパーフェクトマスター PMBOK第6版対応

  • 作者: 伊熊 昭等
  • 出版社/メーカー: 評言社
  • 発売日: 2018/07/13
  • メディア: 単行本



図解入門よくわかる 最新PMBOK第6版の基本

図解入門よくわかる 最新PMBOK第6版の基本

  • 作者: 鈴木安而
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2018/03/23
  • メディア: 単行本


nice!(111)  コメント(0) 

8ヵ月後の楽しみ [音楽]

DEL_20_クイーン - コピー.jpg

映画館で7回鑑賞した映画「ボヘミアン・ラプソディ」、この映画はとてつもない感動とともに、クイーンの音楽の素晴らしさを再認識させてくれました。

フレディの死後、ブライアン・メイとロジャー・テイラーがバッド・カンパニーのポール・ロジャース、アダム・ランバートをフロントマンに迎えて、クイーンとして活動を継続していたのは知ってはいましたが、興味が湧かず、特に映像を観たこともありせんでした。正直言って、「フレディの居ないクイーンなんて・・・」と高を括っていました。

しかし、今年のオスカー授賞式のオープニング、「クイーン+アダム・ランバート」の We Will Rock You、 We Are The Champions のパフォーマンスを観て、「圧巻!、これは凄い!!」、と考えを悔い改めて、次回来日したら絶対に観に行くと固く決意しました。

ーーーーーーーーーー

4月17日、待望の「クイーン+アダム・ランバート」の来日コンサートが2020年1月に開催されることが発表されました。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の空前の大ヒットでコンサートチケットの争奪戦は激しいものとなることが予想され、くじ運の悪い私はとても憂鬱な気分に陥り、頭を悩ませたことは事実です。

そして、当たればラッキーと思いつつ、ファミリーマートの先行抽選に申し込みました。

申し込み内容は、さいたまスーパーアリーナ公演

1月25日(土) 第1希望 SS席、第2希望 S席

1月26日(日) 第1希望 SS席

全て1枚の申し込み、おひとりさまです。

ーーーーーーーーーー

抽選結果は本日13時にサイトで確認できました。

結果、1月26日のSS席のみ当選しました。正直、ホッとしました。早速、ファミリーマートでチケット代金を支払った次第です。

これで安心してTokyo 2020のチケット申し込みに専念できます。おみくじを含めて、くじ運の悪い私は、令和元年の運を使い果たしてしまったのかも知れません。

しかし、SS席のプライスが¥25,000、高いですねぇ。。。もっともGOLD席は¥50,000ですが・・・・・

今まで、数多くのロック、ジャズのコンサートを観てきましたが、私が購入したコンサートチケットの中では最も高価だと思います。これから、無駄な出費はセーブしないと・・・・・

ーーーーーーーーーー

残念ながらフレディがフロントマンの時代のクイーンを観たことがありません。

しかし、Killer Queen に出会ってクイーンの音楽を聴くようになって45年経った今、クイーンのコンサートを観ることができるのは、この上なく嬉しいことです。。

アダム・ランバート、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラーのパフォーマンス、想像しただけで胸がワクワクします。

来年の1月が、とても待ち遠しいです。。。もう、いくつ寝ると・・・・・


日記・雑談 ブログランキングへ


シアー・ハート・アタック

シアー・ハート・アタック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2011/03/16
  • メディア: CD



オペラ座の夜

オペラ座の夜

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2011/03/16
  • メディア: CD



News Of The World

News Of The World

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Islan
  • 発売日: 2011/06/24
  • メディア: CD



ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2018/10/19
  • メディア: CD



ボヘミアン・ラプソディ 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

ボヘミアン・ラプソディ 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



nice!(183)  コメント(20) 

ERIC CLAPTON [音楽]

DEL_15_エリック - コピー.jpg

4月15日(月曜日)
夕方、日本武道館で開催されたエリック・クラプトンのコンサートに出かけました。

エリック・クラプトンのコンサートを観るのは、2016年4月18日以来、3年ぶりとなります。

74歳となったエリック・クラプトン、前回が最後の来日と言われていましたが、また、観ることができました。今回で22回目の来日公演となります。

気のせいかもしれませんが、3年前のコンサートより20代、30代と思われる、若い世代(?)の観客の割合が多いように思いました。

観客に決して媚びることなく、淡々と歌い、ギターを弾くエリック・クラプトン、観ていてロック・ミュージックの聖人のように思えました。

DEL_15_エリック1 - コピー.jpg

ーーーーーーーーーー

全16曲、聴きごたえがありました。

Tears in Heaven
この日のコンサートで最も感銘を受けました。しみじみとしたクラプトンのボーカルとアコースティック・ギター、とても繊細で美しく、素晴らしかったです。

Layla
初日の公演(4月13日)ではエレクトリック・バージョンが演奏されたとのことですが、この日はアンプラグドのアコースティック・バージョンでした。アコースティック・バージョンには、何か、遠い日々を回想するような雰囲気が漂い、味わい深いものがあります。
しかし、欲を言えばエレクトリック・バージョンのLaylaが聴きたかったです。

Cocaine
アンコール前の最後に演奏されたこの曲、3年前もそうでしたが、満員の武道館が一番盛り上がった曲となりました。圧倒的な演奏、会場のエネルギー感、凄かったです!
改めて、ロック・ミュージックって素晴らしいと思いました。

DEL_15_エリック3 - コピー.jpg

ーーーーーーーーーー

「ギターの神」と称されるエリック・クラプトン、私は、まだまだ、神業を観たいので、次回、23回目の来日を期待したいです。


日記・雑談 ブログランキングへ



スローハンド35thアニヴァーサリー<デラックス・エディション>

スローハンド35thアニヴァーサリー<デラックス・エディション>

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2012/12/19
  • メディア: CD



アンプラグド~アコースティック・クラプトン

アンプラグド~アコースティック・クラプトン

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2015/08/05
  • メディア: CD


nice!(319)  コメント(28) 

RINGO [音楽]

DEL_20_RINGO2 - コピー.jpg

4月6日(土曜日)
気分は相変わらず沈んだままなのですが・・・・・

夕方、東京ドームシティホールで開催されたリンゴ・スター アンド・ヒズ・オール・スター・バンド(RINGO STARR And His All Starr Band )のコンサートに出掛けました。

コンサートは昨年11月1日のポール・マッカートニー以来、5ヵ月ぶり。リンゴ・スターを観るのは人生初となります。

いくら気分は沈んでいても、ロックコンサート、とても胸がわくわくします。

----------

バンドメンバーはスティーヴ・ルカサー (TOTO) 、グレッグ・ローリー (サンタナ)、コリン・ヘイ (メン・アット・ワーク)、ヘイミッシュ・スチュアート (アヴェレージ・ホワイト・バンド)、ウォーレン・ハム 、グレッグ・ビソネット 、錚々たるメンバー、まさにオール・スター・バンドです。

とても楽しい、中身の濃いコンサートでした。大満足です!

そして、ホール、音響設備のソノリティが高くコンサートがより楽しめました。。

オープニングの17時から2時間のコンサート、リンゴが、優しくハートフルな誰にでも愛される人柄であることが、心に伝わってきて、とても幸せな、暖かい気持ちになることができました。

今年の7月に79歳になるリンゴですが、ステージ上の身のこなし、ボーカル、ドラムス、80歳近い年齢を全く感じさせません。彼の来歴を知らなければ、40歳代と言われても不思議には思わないと思います。

----------

DEL_20_RINGOJPG - コピー (2).jpg

私が特に好きな、ザ・ビートルズ、リンゴの名曲、
It Don't Come Easy(Ringo Starr)
Yellow Submarine(The Beatles)
Photograph(Ringo Starr)
With a Little Help From My Friends(The Beatles)
聴くことができてよかったです! 感激して涙が出ました。

そして、オール・スター・バンドのメンバーを代表する往年(?)のヒット曲の数々、
Rosanna(Steve Lukather/TOTO)
Hold the Line(Steve Lukather/TOTO)
Pick Up the Pieces(Hamish Stuart/Average White Band)
Black Magic Woman/Gypsy Queen (Gregg Rolie/Santana)
Who Can It Be Now?(Colin Hay/Men at Work)
どれも名曲ばかり、聴きごたえがありました。

The Beatles、Ringo Starr、TOTO、Average White Band、Santana、Men at Work、盛り沢山で、とても満足したコンサートとなりました。

ーーーーーーーーーー

あっと言う間の2時間、全25曲でした。とても楽しく、少なくともコンサートの間は、深く沈んだ気分を忘れることができました。

そして、しみじみ、音楽は私にとって人生の最良の友だと言うことを実感させられました・・・・・


日記・雑談 ブログランキングへ



リボルバー

リボルバー

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルミュージック
  • 発売日: 2013/11/06
  • メディア: CD



サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルミュージック
  • 発売日: 2013/11/06
  • メディア: CD



リンゴ+2

リンゴ+2

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2018/12/19
  • メディア: CD



フォトグラフ:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・リンゴ・スター

フォトグラフ:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・リンゴ・スター

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2016/10/19
  • メディア: CD


nice!(226)  コメント(12) 

元気もらえるかな? [音楽]

DEL_20_キラキラ☆ステッカー - コピー.jpg

最近、ずーっと、気分が沈んでいます。気分が沈む原因が何かは解ってはいるのですが・・・

そんなわけで、好きなことをする気が全く起きません。鉄道車両の写真を撮影する気が起きません。CDを聴く気にもなりません。そして、ブログの記事を書く気力も湧きませんでした。。。

これでは拙いと思い、沈んだ気分に活を入れるべく、3月30日(土曜日)にレイトショーで映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観に行きました。映画館の音響で聴くクイーンの音楽から元気をもらえると考えたからです。

私にとって7回目となる「ボヘミアン・ラプソディ」の鑑賞でした。

間もなく「ボヘミアン・ラプソディ」の上映が終わると予想されること、そして3月30日から先着で入場者に「THE SHOW MUST GO ON 劇場限定キラキラ☆ステッカー」がプレゼントされることも、7回目の鑑賞を後押ししました。

ーーーーーーーーーー

今までに6回観て、シーン、カット、セリフが頭の中に刻まれているのですが、7回目の鑑賞でも、やはり涙が溢れ、惹き込まれてしまいました。

映画に惹き込まれるにつれて、沈んだ気分が晴れていき、ラストのライヴエイドのシーンでは、スッキリと晴れ晴れした気分になりました。

しかし、鑑賞を終えて帰路の電車に乗車している間に、少しづつ気分が沈んで行って、結局、元の沈んだ気分に戻ってしまいました・・・

ーーーーーーーーーー

映画「ボヘミアン・ラプソディ」で私が凄く気に入っているカットが2つあります。

1つは、ライヴエイドの Bohemian Rhapsody 、フレディのピアノ弾き語りに続いて、キックペダルを踏んでバスドラムが入るロジャー・テイラーの足元を映すカット。

もう1つは We Are the Champions の間奏、ウェンブリーのオーディエンスの歓声に応えてブライアン・メイが右手でガッツポーズするカット、この2つのカット、映画のこの瞬間が、私はとても好きです。

----------

「ボヘミアン・ラプソディ」、間違いなく映画館で観るべき映画です。

ライヴエイドのシーンは映画館の大画面、音響設備で観ると、本物のロックコンサートでは味わうことのできない、想像を絶する迫力と臨場感に圧倒されます。

しかし、日本版Blu-ray・DVDが発売されれば購入して、部屋で繰り返し観てしまうようになる気もします。

そして、「ボヘミアン・ラプソディ」の続編の制作されるとの噂がありますが、死に向かうフレディを私は観たくはありません。「ボヘミアン・ラプソディ」の物語はライヴエイドで終わって欲しいです。

ーーーーーーーーーー

私は、相変わらず、沈んだ気分のままなのですが、今週末から再来週初めに観に行く2つのロックコンサート、リンゴ・スター アンド・ヒズ・オール・スター・バンド、エリック・クラプトンで、ロック界のレジェンド達から元気をもらって、気分が上向く足掛かりになって欲しいなぁ、と願っています。


日記・雑談 ブログランキングへ


シアー・ハート・アタック

シアー・ハート・アタック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2011/03/16
  • メディア: CD



オペラ座の夜

オペラ座の夜

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2011/03/16
  • メディア: CD



世界に捧ぐ

世界に捧ぐ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2011/06/22
  • メディア: CD



ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2018/10/19
  • メディア: CD



ボヘミアン・ラプソディ 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

ボヘミアン・ラプソディ 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray


nice!(180)  コメント(20) 

得した気分? [つれづれ日記]

DEL_25_ユニクロ - コピー.jpg

昨日、3月13日は3のつく日、「三太郎の日」。auユーザーの私は、ユニクロのエアリズムがもらえるクーポンをゲット。

そして、本日、クーポンを使って新大阪のユニクロでエアリズムのVネックを入手しました。

とても得した気分ですが、実は得した気分は錯覚なのかもしれません・・・


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。
nice!(329)  コメント(17) 

三回忌 [つれづれ日記]

DEL_25_お地蔵さまJPG - コピー.jpg

3月10日 日曜日
祥月命日はまだ先なのですが、義父の三回忌の法要を営みました。

法要は義父の眠る菩提寺で私の家族三人と義母のみで執り行いました。法要の後、お墓の掃除とお参りを済ませた次第です。

義父が他界してから早二年。庭の草木を愛で、品行方正を絵に描いたような義父の姿が思い出されます。

義父の一人娘だった(私の)嫁さんと結婚する時、「一緒にお酒が呑める息子ができた」と義父はとても喜んでくれましたが、結局、お酒を酌み交わすことは殆どありませんでした。

今となっては、とても悔やまれてなりません。。。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。
nice!(216)  コメント(6) 

週末撮影記(3月2日) [撮影日記]

DEL_15_和歌山線_IMG_8444 - コピー.jpg

3月2日(土)
朝、目覚めると春の陽気に誘われ(?)、ビール片手に電車に乗ってどこかに行きたい気分でした。

ビール片手に乗るのはリクライニングシートか転換クロスシートの車両でないと気が引けるので、思案した結果、南海本線の特急「サザン」の座席指定車で難波から和歌山市に向かい、昨年のクリスマス・イヴ以来となる和歌山線105系を撮影することに。

事前にネットで乗り換え時間などを調べることをせず無計画に出掛けたため、和歌山市で和歌山行きの紀勢本線の待ち時間が50分以上というありさまでした。

DEL_15_南海7000系_IMG_8350 - コピー.jpg

待ち時間の間、バラエティに富んだ南海本線の車両を眺めていて、そんなには時間を持て余すことはなかったのですが・・・

----------

和歌山線は、3月16日のダイヤ改正で227系1000番台の運用が開始され、2019年度中には105系は姿を消します。そんなこともあってか、私以外の撮影者を見かけました。

DEL_15_105系_IMG_8381 - コピー.jpg
クハ105形0番台 103系1000番台の面影を今に伝えるクハ105形0番台、時代の流れとはいえ、姿を消していくのは寂しい限りです。

DEL_15_105系_IMG_8382 - コピー.jpg
105系の標準的な顔(?)のクハ104形500番台と103系1000番台の面影を残すクハ105形0番台


DEL_15_105系_IMG_8474 - コピー.jpg

DEL_15_105系_IMG_8503 - コピー.jpg


DEL_15_キヤ141_IMG_8465 - コピー.jpg
キヤ141系
105系を待つ間、突然、こんな珍客が姿を現しました。東海道本線以外で遭遇したのは初めてでした。

----------

春めいた陽気で、のんびりと撮影できた一日でした。

帰路も、特急「サザン」の座席指定車両にビール片手に乗車、いい気分になって帰宅しました。


鉄道 ブログランキングへ







nice!(274)  コメント(8) 

悪夢の交響曲 [つれづれ日記]

DEL_15_ベートーヴェン交響曲第9番 - コピー.jpg

私は毎晩のように悪夢を見ます。昨晩も短編(?)の悪夢を沢山見ました。

悪夢を見るたびに目を覚まし、再び眠りにつき悪夢を見るの繰り返しで朝を迎えました。大半の夢の内容は朝になると忘れてしまっていて、単に悪夢を見たという記憶だけが残っていました。

しかし、二つだけ朝になっても鮮明に憶えている夢がありました。

----------

その悪夢の一つは・・・

ふと気がつくと、私はホールのステージに立っています。そして私の目の前にはオーケストラが。。。

後ろを振り向くと観客がホールの席をほぼ埋め尽くしています。ホールの容積は中規模と言った感じです。

ステージの袖にスタッフが居て、私はスタッフに向かって「私は指揮者じゃないので、指揮はできない」と伝えるのですが、スタッフは「そんなことは解ってる!、観客が待っている、指揮をしろ!」と言い、私に指揮棒を渡しました。指揮棒は長さが1m近くある、異様に長いものでした。無論(?)、私はこれから指揮をする曲が何であるかを知りません。

私は仕方なく指揮台に向かったのですが、指揮台は魚市場で見られるような冷凍の魚を入れる発泡スチロールの箱を逆さにしたものでした。

改めて、オーケストラに目を向けるとソリストは居ないので、演奏する曲は協奏曲ではないと思いました。譜面台の上の楽譜に目をやると BeethovenとSymphonyの文字を読み取ることができたのですが、番号が記されていません。せめて、番号だけでも解ればと夢の中の私は思いました・・・

私は意を決して不安定な指揮台に上がりました。そして、オーケストラのメンバの眼を見渡して呼吸を合わせ、両手を振り上げた私の指揮で管弦楽の演奏が始まりました。

私にはベートーヴェンの交響曲第何番の演奏が始まるのかが最大の関心事だったのですが、演奏された曲は聴いたこともない知らない曲で、ベートーヴェンの交響曲ではなかったです。

知らない曲ではどうしようもない、指揮台の上の私はとても困惑しました。

さらに、異様に長い指揮棒は振るたびに鞭のように撓って譜面台を打ち付けて、気が散ってオーケストラに目を向けるどころではありません・・・

この最悪の状況をどうやって脱するかと焦っているところで目が覚めました。

ーーーーーーーーーー

私は様々なジャンルの音楽を聴きますが、Classical Musicの交響曲(Classical Symphony)も大好きです。しかし、ベートーヴェンの交響曲は第7番以外は好きではありません。特に第9番は積極的に嫌いなのですが、何故か5年に一度くらい無性に聴きたくなることがあります。

昨夜、就寝前に「久しぶりに、第9を聴きたくなったなぁ・・・」と思ったことが、このような奇妙な夢を私に見させたのかも知れません。

因みに、朝になって憶えていたもう一つの悪夢は、さいたまの自宅マンションの最寄駅からマンションまでの道が湿地帯になっていて歩くことができず、駅からマンションに辿り着くことができない夢でした。。。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。


ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」

  • アーティスト: カラヤン(ヘルベルト・フォン),ベートーヴェン,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2011/09/07
  • メディア: CD



ベートーヴェン:交響曲第7番 (Beethoven: Symphony No.7)

ベートーヴェン:交響曲第7番 (Beethoven: Symphony No.7)

  • アーティスト: ベートーヴェン,カルロス・クライバー,バイエルン国立管弦楽団
  • 出版社/メーカー: Orfeo d'or
  • 発売日: 2005/12/16
  • メディア: CD


nice!(277)  コメント(12) 

電気自動車 [つれづれ日記]

DEL_20_TRIM_i3_20190209_145713_001 - コピー.jpg

先週の土曜日、クルマを12ヶ月法定点検に出しました。

ディーラーに代車を頼んだのですが、代車は電気自動車 BMW i3 でした。

電気自動車を運転するのも乗るのも初めてです。ちなみにハイブリッド車も運転したことがなく、プリウスの助手席に乗ったことがあるくらいです。

----------

BMW i3 、エンジン音が全くしないのは無論のことですが、いわゆる内燃機関搭載のトルコンAT車にあるクリープが全くないのには、最初、戸惑いました。

アクセルを踏み込んだときのパワフルでリニアな加速力は、同期電動機とインバータによるパワートレインとしての優位性を物語るものかもしれません。また、アクセルペダルのワンペダルだけで運転できるのも、とても新鮮な感覚でした。鉄の私は、電車のワンハンドルマスコンみたいだと、ふと思ってしまいました。

ハンドル、アクセルペダル、ブレーキペダルの感覚は硬質で重めの剛性感があるもので、BMWらしいと言うか、ドイツ車らしいと言うか、全く違和感なく操作することができました。ハンドリングもとてもシャープで運転は楽しいクルマです。

乗り心地は、路面の僅かな凹凸のショックさえも角を丸められずにダイレクトに伝わってきて、もう少しマイルドであって欲しいと思いました。サスペンションが固いこと自体には、とても好感が持てるのですが・・・

未だに免許を取らない息子を助手席に乗せてドライブしたのですが、良好な路面の幹線道路を走っているのにもかかわらず、息子の感想は開口一番「ゴツゴツして乗り心地が悪い」でした。

電気自動車はいかに軽量化するかが課題なので、ボディ、シャーシの素材の使い方やセッティングなど、まだまだ改良の余地があるのかも知れません。

----------

短時間ではあるものの BMW i3 をドライブしてみて、電気自動車に対して漠然と抱いていたネガティブな印象はかなり払拭されました。

私は1台のクルマに長く乗るのですが、電気自動車の航続距離がさらに伸び、価格が内燃機関搭載車なみになり、無難なデザイン(?)になっていたら、次にクルマを買い替えるとき、電気自動車は愛車の有力候補になるかも知れません。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。


BMW特注 1/43 BMW i3 (アイオニック シルバー) 2014

BMW特注 1/43 BMW i3 (アイオニック シルバー) 2014

  • 出版社/メーカー: JADI
  • メディア:









BMW i3 & i8 (CARTOP MOOK ニューカー速報プラス)

BMW i3 & i8 (CARTOP MOOK ニューカー速報プラス)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 交通タイムス社
  • 発売日: 2014/05/30
  • メディア: ムック


nice!(293)  コメント(12) 
前の10件 | -