So-net無料ブログ作成

人月の神話 [PMP]

DEL_18_人月の神話 - コピー.jpg

「人月の神話」(The Mythical Man-Month: Essays on Software Engineering)という本を読みました。

フレデリック・ブルックス(Frederick P. Brooks, Jr)が著した「ソフトウェア工学のバイブル」とも呼ばれている本です。

私は丸36年間、ソフトウェア開発にかかわる仕事に携わっています。そして、二度目の大学の卒業研究のテーマもソフトウェア開発に関するものでした。

それだけ長い期間、ソフトウェア開発にかかわっていても「ソフトウェア工学のバイブル」と呼ばれるこの本を読んだことはおろか、触れたこともなかったです。そもそも、本を読むことが好きではないことも、読まなかった理由の一つかも知れません。

そんな私でも、この本に記されている「ブルックスの法則」は知っていました。

ブルックスの法則:遅れているソフトウェアプロジェクトへの要員追加は、さらにプロジェクトを遅らせるだけである。

私が社内のソフトウェア開発者向けに開催しているPMBOKを中心にしたプロジェクトマネジメントの講習会の中では、タイム・マネジメントの知識エリアの部分で「ブルックスの法則」について紹介していました。

私自身、自分がプロジェクトマネージャを務めて数多くのプロジェクトを失敗させた貴重な経験(?)から、遅れているプロジェクトに要員を追加しても、せいぜい更なるスケジュール遅延を招かないことが精一杯であることを認識しています。
結局は、プロジェクトに当初から参画しているメンバーしか本質的にプロジェクトを建て直すことしかできないことを痛感して来ました。

ソフトウェア開発のプロジェクトマネジメントに携わる人間にとって「ブルックスの法則」は格言であり、戒めの言葉でありますが、実際に自分のプロジェクトが遅れると、戒めの言葉を忘れてしまう、あえて忘れようとしてしまうのが事実かもしれません。

----------

本を読むことが好きでない私が「人月の神話」を読んだのは、PMP資格更新に必要なPDU獲得のためです。

この本を読んだ時、私がポイントと感じて書きとめた言葉の一部を列挙してみます。
‐コンセプトの完全性こそ、システムデザインにおいて最も重要
-セカンドシステム症候群
‐マニュアルの形式的定義と散文的定義
‐プロジェクトマネージャの最良の友は製品テスト機関
‐労力=(定数)×(命令の数)の1.5乗
‐文書はコミュニケーションの負担を軽減させる
‐パイロットシステムは廃棄すべきもの 
‐プログラムメンテナンスはシステムに修正不可能な陳腐化をもたらす
‐個人的なツールはコミュニケーションの妨げになる
‐重要な仕事は慎重に製品を定義すること
‐マイルストーンを鋭利な刃物のようにあいまいなことをなくすことが重要

どれも、ソフトウェア開発に携わった人間なら共感できる言葉だと思います。
しかし、現実のプロジェクトでは様々な理由で、この言葉の通りに実行できないのがプロジェクトマネジメントの難しいところです。「人月の神話」で活字になったこれらの言葉を読んで”目から鱗”の感を懐きました。

----------

「人月の神話」の自習を教育カテゴリーReadでPDU申請して、2020年1月までの今CCRサイクルで31PDUの獲得となりました。

今CCRサイクルで申請したClaimは、教育カテゴリーCourse or Trainingで1Claim、教育カテゴリーReadで2Claim、前CCRサイクルからの持越しのClaimがギブバックカテゴリーShare Knowledgeで1Claimです。

PMIタレント・トライアングルの「リーダーシップ」、「テクニカル・プロジェクトマネジメント」、「ストラテジック&ビジネスマネジメント」の各サブ・カテゴリーで必須の8PDUはクリアできました。

PMP資格更新には60PDUが必要なので、2020年1月までの今CCRサイクルで残り29PDUの獲得が必要となります。引き続き地道に、着実にPDUの獲得に努めたいと思います。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。


人月の神話【新装版】

人月の神話【新装版】

  • 作者: Jr FrederickP.Brooks
  • 出版社/メーカー: 丸善出版
  • 発売日: 2014/04/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



プロジェクトマネジメント知識体系ガイド(PMBOKガイド)第5版 (A Guide to the Project Management Body of Knowledge)

プロジェクトマネジメント知識体系ガイド(PMBOKガイド)第5版 (A Guide to the Project Management Body of Knowledge)

  • 作者: Project Management Institute
  • 出版社/メーカー: Project Management Inst
  • 発売日: 2014/02/15
  • メディア: ペーパーバック



プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門: PMBOK 第6版対応版

プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門: PMBOK 第6版対応版

  • 作者: 広兼 修
  • 出版社/メーカー: オーム社
  • 発売日: 2018/03/07
  • メディア: 単行本


nice!(186)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

PDU申請 [PMP]

DEL_25_PDU - コピー.jpg

本日、PDUの申請を実施。

申請したPDUの内容(claim)は、Category : Education - Read 、Activity Title : 考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則 : 10PDUです。
申請してすぐに、PMIのサイトにログインして、myPMIのDashboardを確認するとclaimはapprovedとなっていました。

今回、Activity Title の本を読んで、長年仕事をしてきて文書を数えきれないほど書いてきたのですが、果たして読み手に理解されたのであろうか?、と考えることしきりでした。この本に書かれた、ものの考え方、文書の書きかたを、そのまま実践するのは凡人には難しいかもしれませんが、大いに勉強になりました。

これで、2017年1月からの現在のCCRサイクルでは、前のCCRサイクルから繰り越した、Category : GivingBack Share Knowledge 、Activity : 社内向けPMBOK講習会実施 : 1.5PDUと合わせて、11.5PDUを獲得したことになります。

PMP資格更新には60PDU獲得が必要なので、2020年1月までに残り48.5PDU獲得が必要です。最後の最後で資格更新に慌てることがないように、少なくとも2018年中に40PDU以上の獲得を目指して、着実にPDU獲得に取り組みたいと思います。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。


考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

  • 作者: バーバラ ミント
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 1999/03/01
  • メディア: 単行本



プロジェクトマネジメント知識体系ガイド(PMBOKガイド)第5版 (A Guide to the Project Management Body of Knowledge)

プロジェクトマネジメント知識体系ガイド(PMBOKガイド)第5版 (A Guide to the Project Management Body of Knowledge)

  • 作者: Project Management Institute
  • 出版社/メーカー: Project Management Inst
  • 発売日: 2014/02/15
  • メディア: ペーパーバック



プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門 PMBOK第5版対応版

プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門 PMBOK第5版対応版

  • 出版社/メーカー: オーム社
  • 発売日: 2014/03/25
  • メディア: Kindle版



nice!(221)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

Share Knowledge [PMP]

DEL_25_PMP_1481195752611 - コピー.jpg

先日、PMIウェブサイトでPDU申請を実施。申請すると、即座に"Your PDU claim has been approved " のメールが返信されてきました。

申請したPDUの内容は、カテゴリ : GivingBack Share Knowledge 、アクティビティ ”社内向けPMBOK講習会実施 " : 1.5PDUです。

ソフトウェア開発に携わる新規メンバを対象に継続的に実施している、PMBOKの用語解説を中心として講習会ですが、今回、受講者の中に、これからPMP資格にトライするメンバがいることから、プロセスと知識エリア体系の概要・概略の説明により力点を置いたものとしました。
また、PMBOKからは若干離れる部分もありますが、ソフトウェア開発プロジェクトのマネージメントを実施する上での知見、ポイント、ツールの説明をより充実させ、できるだけ実務に直ぐに展開できる内容となるように心掛けました。

2017年1月までの、今のCCRサイクルでは、既に60PDUを獲得して、PMP資格更新は完了しているので、今回の申請は、次回のCCRサイクルのPDUとなります。
2020年1月までに、残り58.5PDUの獲得が必要となりますが、怠けることなく、着実にPDUが獲得できるように、計画を立てて取り組んでいきたいと思います。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。


PMP試験合格虎の巻 第5版対応版 (PMP試験対策)

PMP試験合格虎の巻 第5版対応版 (PMP試験対策)

  • 作者: 吉沢 正文
  • 出版社/メーカー: アイテック
  • 発売日: 2014/03/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



PMBOK問題集 第5版対応 (PMP試験対策)

PMBOK問題集 第5版対応 (PMP試験対策)

  • 作者: アイテック教育研究開発部
  • 出版社/メーカー: アイテック
  • 発売日: 2014/03/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



合格ターゲット PMP試験問題集

合格ターゲット PMP試験問題集

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: オーム社
  • 発売日: 2014/03/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(130)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

PDU申請 [PMP]

DEL_15_クレーン_IMG_4397 - コピー.jpg

本日、PDUの申請を実施。

申請したPDUは、カテゴリ:ギブバック>Work as a Practitionerの”PMOとしてECサイト開発プロジェクトに参画"(2016年4月~9月末)”で5PDUです。申請すると、即座に"Your PDU claim has been approved " のメールが返信されてきました。

これで、今のCCRサイクルでの獲得PDUが合計で61PDUとなり、PMP資格更新に必要な60PDUを上回ることができました。

これで私のPMP資格は2017年1月更新となります。2017年12月の新CCR完全施行以降となる、その次のPMP資格更新の時(2020年1月)は、ギブバックより教育が重視され、かつ教育はタレントトライアングルによったPDU登録が必要になるという、PDU獲得のコスト、手間が現在よりかかる方向へ、大幅なレギュレーションの変更がなされます。

今から、2020年1月のPMP資格更新を見据え、少しでも前倒しで効率よくPDUを獲得することを目指して、着実なPDU獲得計画を立てていきたいと思います。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。


PMP試験合格虎の巻 第5版対応版 (PMP試験対策)

PMP試験合格虎の巻 第5版対応版 (PMP試験対策)

  • 作者: 吉沢 正文
  • 出版社/メーカー: アイテック
  • 発売日: 2014/03/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



PMPパーフェクトマスター PMBOK第5版対応

PMPパーフェクトマスター PMBOK第5版対応

  • 作者: 伊熊 昭等
  • 出版社/メーカー: 評言社
  • 発売日: 2013/08/08
  • メディア: 単行本



PMBOK問題集 第5版対応 (PMP試験対策)

PMBOK問題集 第5版対応 (PMP試験対策)

  • 作者: アイテック教育研究開発部
  • 出版社/メーカー: アイテック
  • 発売日: 2014/03/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(112)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

PDU申請 [PMP]

DEL_15_20160326_IMG_6667 - コピー.jpg

本日、PMIウェブサイトでPDUの申請を実施。

申請したPDUは、カテゴリ : GivingBack>Other Giving Back - Share Knowledge 、アクティビティ ”社内向けPMBOK講習会実施(PMBOKガイド ソフトウェア拡張版の内容を含む)" : 1.5PDUです。

申請すると、即座に"Your PDU claim has been approved " のメールが返信されてきました。

これで、今のCCRサイクルでの獲得PDUが合計で56PDUとなりました。
56PDUの内訳は、Education>Technical : 22.5PDU、Giving Back >Work as a Practitioner :10PDU、Giving Back>Other Giving Back : 23.5PDUです。

PMP資格更新に必要な60PDUまで残り4DUを2017年1月までに獲得すれば、PMP資格更新が可能となります。

私は継続的にPM、PMOの仕事についているため、Work as a PractitionerカテゴリでCCRサイクル3年目としての5PDUが申請ができるので、これで合計61PDU獲得の見込みとなり、60PDUを上回ることができるので一安心です。

今のCCRサイクルでは、PDUは全てGiving Backと自習のみのEducationでの獲得だったので、PDU獲得にあまりコストが掛からずに済み、何よりでした。

せっかく所持している資格なので、これからも資格更新を怠らず、関与するプロジェクトの目標達成に少しでもプラスになるように、活かしていきたいものです。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。
nice!(127)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

PDU申請 [PMP]

DEL_20_TRIM_1456909118674 - コピー.jpg

本日、PDUの申請を実施。

2015年12月からの新CCR適用により、PMIウェブサイトのReport PDUsサイトの登録画面が一新されていて、面を食らいました。

従来のカテゴリA~Fという分類はなくなり、カテゴリは教育:5種類、ギブバック:5種類に再編されています。

申請したPDUは、カテゴリ:ギブバック>Work as a Practitionerの”ECサイト開発のPM業務(2015年5月~12月)”で5PDU、カテゴリ:教育>Readの”PMBOK ガイド 第5版 ソフトウェア拡張版”で22.5PDUです。

Work as a Practitionerの申請については、即座に"Your PDU claim has been approved " のメールが返信されてきました。

今回の申請PDUが全てApprovedとなると、今のCCRサイクルでの獲得PDUが合計で54.5PDUとなり、60PDUまでの残り5.5PDUを2017年1月までに獲得すれば、PMP資格更新が可能となります。

前回のCCRサイクルでは獲得PDUが不足していて、サイクルの終了間際に超焦ったのですが、今回は平穏にCCRサイクルの終了を迎えられそうです。

因みに、私はウォーターフォールのプロジェクト経験しかないのですが、”PMBOK ガイド 第5版 ソフトウェア拡張版 ”にはアジャイルなどの適応型ライフサイクル・ソフトウェア・プロジェクトの実務慣行が紹介されていて、大いに勉強になった次第であります。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。
nice!(158)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

PDU申請 [PMP]

IMG_20120125875215 - コピー.jpg

PMP資格更新には、1CCRサイクルの3年間で60PDUの獲得が必要です。

6月上旬、本業の傍ら、私は社内向けのPMBOK講習会(2時間×2回)の講師を務めました。
そこで、本日、PMIのContinuing Certification Requirements SystemでカテゴリD(プロジェクトマネジメントに関する知財の開発)で4PDUの申請を行いました。

即座にYour PDU claim has been submitted、PDU Claim Has Been Approvedのメールが返信されてきて、4PDU獲得です。

これで、今のCCRサイクルでカテゴリDで22PDU、カテゴリF(プロジェクトマネジメントのプロフェッショナル活動)で5PDUの合計27PDU獲得です。

今のCCRサイクルのエンドは2017年1月ですが、前回のCCRサイクルの時には土壇場で60PDUに満たず、切羽詰まったので、早め早めにPDU獲得して安心したいです。

少なくともPMP資格更新が、私の悪夢のネタにならないようにしたいです。

<
日記・雑談 ブログランキングへ
よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。
タグ:PMP PDU
nice!(93)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び