So-net無料ブログ作成
検索選択
いにしえの記憶 ブログトップ
前の10件 | -

いにしえの記憶第2章(その15) [いにしえの記憶]

過ぎ去った日々に徐々に埋もれていく、遠い日のいにしえの記憶

DEL_15_ライブアンダーザスカイ_IMG_2764 - コピー.jpg
写真のTシャツは、1983年、よみうりランドオープンシアターEASTで開催されたライブ・アンダー・ザ・スカイの会場で購入したものです。

先日、大阪で乾燥機から取り出して畳んでいると、肩の部分に数か所小さな穴が開いている気づき、残念ですが、引退させることにしました。

このTシャツから想い起こされる、きわめて個人的な、いにしえの記憶です。

----------

ライブ・アンダー・ザ・スカイは、1977年夏の田園コロシアムでの開催で始まったJAZZフェスティバルです。毎年、内外のトップアーティストが出演しました。1977年、1979年のV.S.O.P. The Quintetなど、伝説となった演奏も多いです。

1983年のライブ・アンダー・ザ・スカイは冠スポンサーが日本専売公社(現JT)で、「Select LIVE UNDER THE SKY '83」と銘打って、前年に発売された「マイルドセブン・セレクト」の大々的なプロモーションも兼ねていました。
コンパニオンが入場者全員に「マイルドセブン・セレクト」を配布していました。当時の私はヘビースモーカーだったので、煙草が只で貰えたことが、無性に嬉しかったです。まだまた、喫煙者には寛容な時代でした。

Tシャツには、1983年のライブ・アンダー・ザ・スカイに出演した、アーティスト、グループの名前がプリントされています。WEATER REPORT、CRUSADERS、CHICK COREA TRIO、SONNY ROLLINS SPECIAL QUARTET、錚々たる名前が見て取れます。

----------

1983年のライブ・アンダー・ザ・スカイ、猛烈なJAZZファンで、自らもJAZZピアノレッスンを受けていた、ガールフレンドと一緒にSONNY ROLLINS、CHICK COREA のステージを観に行きました。当時の私は10代の頃に聴いていたROCK/POPSを封印して、ひと月に30タイトル以上のJAZZアルバムを購入する位に、JAZZにのめり込んでいたので、二人は水を得た魚のようにJAZZについて語り合う仲でした。

私はCHICK COREA、MIROSLAV VITOUŠ、ROY HAYNESの "TRIO MUSIC"の演奏がお目当てでしたが、彼女はSONNY ROLLINSの演奏がお目当てでした。
SONNY ROLLINSのテナーは底抜けに明るく、陽気で、彼女はノリノリで楽しんでいましたが、そもそも陽性の音楽があまり肌に合わない私にとって、初めてライブで聴いたSONNY ROLLINSの演奏には、あまり感銘は受けませんでした。
"TRIO MUSIC"のクールで知的、少し理屈っぽい演奏は私にとっては素晴らしいものでしたが、逆に彼女のお気に召すものではなかったようです。

コンサートが終わり、京王線の駅に向かって歩いている間もずーっと、彼女は”SONNY ROLLINSの音楽は陽気で楽しい、最高!、大好き!”と喋りつづけていました。このあと、下北沢のバーで一緒にお酒を飲んで、JAZZ談義(?)に花を咲かせました。とても蒸し暑い日だったことを憶えています。

彼女とはJAZZのライブやコンサート、JAZZ喫茶に二人で出向いて音楽に浸ったり、学生時代、共に硬式テニスをやっていたので、二人でテニスを楽しみました。コートの上の彼女は、とてもタフで負けず嫌い、非常に攻撃的でした。

彼女はスレンダーな凛とした佇まいの美人でしたが、何故か一緒に居ても、女性であることを私に意識させることは少なかったです。私が肉感的な女性が好みなのが、その理由だったのかもしれません。彼女は自分の身体に女性らしい豊饒さが不足していることを、とても気にしていて、会話の端々に、そのことが彼女のコンプレックスとなっていることを、私は感じとることができました。

そして、2年以上、音楽とテニスで付き合いがあったのですが、どちらからともなく疎遠となり、早30年以上が経ちました。

彼女には私が「鉄」だとカミングアウトしていたのですが、ライブ・アンダー・ザ・スカイの帰り道、”「SLやまぐち号」に乗りに行こうよ!”と彼女は私に言いました。しかし、「SLやまぐち号」に二人で乗ることはありませんでした。

その後の彼女の消息は知りません。彼女の消息を確かめることもできたのですが、確かめたことはありません。。。

----------

次にライブ・アンダー・ザ・スカイに行ったのは5年後で、MARLON JORDAN QUINTET、SUN RA ARKESTRA、MILES DAVIS GROUPのステージを観ました。この夜に観たMILES DAVIS GROUPのステージは、私が人生を通じて観た全てのコンサートの中で、ベストのコンサートの1つとして、鮮明に脳裏に焼きついています。

この時、一緒に行ったJAZZには無関心な女性も、やはり肉感的ではありませんでしたが、程なくして私は、この女性と結婚しました。

----------

数々の伝説、ライブ名盤を残した、ライブ・アンダー・ザ・スカイは、残念ながら1992年が最後の開催となりました。

よみうりランドオープンシアターEASTも、2013年に閉鎖されました。

そして私は、このTシャツを買ってから4年後、音楽=JAZZという、私が持っていた固定観念を捨て去り、日本の歌以外のあらゆるジャンルの音楽に心を開いて、積極的に接するようになりました。

さらに、それから10年後、私は、子供の頃に罹ることが多い高熱が出る感染症で生死の境を彷徨い、それをきっかけにヘビースモーカーからノースモーカーに転じました。

----------

もしも、パラレルワールドが存在したら・・・・・

パラレルワールドの自分は、ひょっとしたら、別の人生を歩んでいるのかも知れませんね。

34年前に買ったTシャツを前にして、とりとめもなく、パラレルワールドの中の自分に思いをはせた次第でした。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。


Now He Sings Now He Sobs

Now He Sings Now He Sobs

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Blue Note Records
  • 発売日: 2002/06/13
  • メディア: CD



SAXOPHONE COLOSSUS

SAXOPHONE COLOSSUS

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Prestige
  • 発売日: 2006/06/13
  • メディア: CD



ライヴ・アンダー・ザ・スカイ伝説(期間生産限定盤)

ライヴ・アンダー・ザ・スカイ伝説(期間生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2015/11/11
  • メディア: CD



nice!(210)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いにしえの記憶第2章(その14) [いにしえの記憶]

DEL_15_ピカチュー_IMG_8752 - コピー.jpg

過ぎ去った日々に徐々に埋もれていく、遠い日のいにしえの記憶

いにしえを知るモータースポーツファンは、今日、耐久王と呼ばれるポルシェでさえも、ルマン24時間レースまでの初勝利までの道のりが、とても長く、険しいものであったかを知っていると思います。

長年ルマンに挑戦を続けてきたポルシェ、そのポルシェが初優勝が大手をかけた1969年のルマン24時間レース、ジョン・ワイヤー・オートモーティブのガルフカラーフォードGT40とポルシェワークスのポルシェ908ロングテールクーペが歴史に残るデッドヒートを繰り広げ、レースはドラマチックな結末を迎えます。

ポルシェ優勢で終盤を迎えたのですが、結果は24時間のゴール時点で100数十メートルという、史上もっとも僅差で、フォードGT40が先にゴールラインを横切り、ポルシェの初優勝の夢は潰えました。1969年、年間のマニュファクチャラース・チャンピオンはポルシェに輝きはしましたが。。。

映画「栄光のルマン」の撮影の舞台ともなった、翌1970年のルマン24時間レース。新たにポルシェワークスとなったジョン・ワイヤー・オートモーティブ のガルフカラーのポルシェ917とスクーデリア・フェラーリの真紅のフェラーリ512Sが激突、両ワークスの消耗戦の末、優勝はポルシェのセミワークスであるザルツブルク・レーシングのポルシェ917。ポルシェの頭上に初のルマン制覇の栄冠が輝きました。

1971年のルマン24時間レースもポルシェ917が優勝して2連勝を達成しました。しかし、またしても優勝車はポルシェワークスのジョン・ワイヤー・オートモーティブ のガルフカラーのポルシェ917ではなく、プライベーターのマルティニ・レーシングのマルティニカラーのポルシェ917でした。

翌、1972年からは最強のグループ5レーシングカーであるポルシェ917排除とも言えるレギュレーション変更がなされ、ルマン24時間レースの最前線からポルシェは一旦、退きます。

そして1970年代後半から、グループ5、グループ6、グループCの各カテゴリのレーシングカーによる度重なるルマン制覇で、表彰台の中央はポルシェの指定席となり、ポルシェはルマン最強、耐久王の名を欲しいままにします。

----------

2014年にトップカテゴリのLMP1でWECに復帰して、ルマン参戦を再開したポルシェ。耐久王ポルシェは2015年と2016年、2連勝を達成しました。

2016年のルマン24時間レース、残り3分までトップを走ったのはトヨタ。当たり前ですが、耐久レースは、どんなに速く走ったとしても、ゴールまで走り切って完走し、チェッカーを受けなければ、何の意味も価値もありません。

逆に最後の3分間をきっちり走って24時間のトップチェッカーを受けたポルシェ、耐久王ポルシェの真の強さを、まざまざと見せつけたような気がしました。

-----------

今日のポルシェの強さは、ルマン初勝利までの長く、険しい道のりの克服したことに加え、何度もルマンで苦杯を喫した経験が、造り上げたものなのかもしれません。

1988年のルマン24時間レースでは、ルマン最強を名を欲しいままにしてきたポルシェワークスのシェルカラーのポルシェ962Cが、ジャガーワークスであるトム・ウォーキンショー・レーシングのシルクカットカラーのジャガーXJR-9にまさかの敗退、ポルシェワークスは一旦はルマンから遠ざかることになります。
このような苦杯を喫したこと、そして、それを乗り越えてきたことが、今日のポルシェの強さの源なのかもしれません。

何故か、ポルシェとトヨタの残り3分の差は永久に縮まることはない、との確信に近いものを感じてしまった、2016年のルマン24時間レースの結末でした。

いやーぁ、いにしえからレースはドラマチックです。。。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。






EBBRO 1/43 ポルシェ 917 ルマン 1969 #15 (43751)

EBBRO 1/43 ポルシェ 917 ルマン 1969 #15 (43751)

  • 出版社/メーカー: エムエムピー
  • メディア: おもちゃ&ホビー



栄光のル・マン [DVD]

栄光のル・マン [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD



nice!(123)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いにしえの記憶第2章(その13) [いにしえの記憶]

DEL_15_20130804_MG_2970 - コピー.jpg

過ぎ去った日々に徐々に埋もれていく、遠い日のいにしえの記憶

私は4年生の2学期まで品川区立の小学校に通っていました。

その小学校では、体育館で映写機を使って映画を上映して鑑賞する催しが、年に何回もありました。

体育館で上映される映画は実写、アニメと様々でしたが、ほとんど記憶に残るような作品はなかったです。

しかし、その中で唯一、鮮明に記憶に残る作品がありました。それがアニメ映画「白蛇伝」です。観たのは2年生くらいの時だったと思います。

私の記憶に鮮明に残った点は、映像の美しさ、白蛇の精の化身の娘の美しさ、娘に恋した青年が崖から転落して命を落とすという物語の悲しさでした。

そして、今から30年以上まえにテレビで「白蛇伝」が放映されたのを、たまたま観ることができました。小学生の時に初めて観てから20年位経ていましたが記憶に違うことのない、とても美しく胸にしみる映画で小学生の時の感動がよみがえった記憶があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前から、「白蛇伝」を再び観てみたいと思っていたのですが、先日、ネットショップで新品のDVDが発売されているのを知り、早速購入して昨日観ました。

私は、この映画のラストは、娘の本性を知った僧侶に白蛇の精の娘が倒されると記憶していたのですが、それは全くの記憶違いで、青年の命と引き換えに妖力を失い人間になった娘と娘によって生き返った青年が結ばれるというハッピーエンドでした。ハッピーエンドはそれはそれで嬉しいのですが、何か拍子抜けでした(私の勝手な記憶違いのせいではありますが・・・・・)。もちろん、とても美しく、情緒に溢れた素晴らしい映画であることには違いありませんが。

私はどうやら「白蛇伝」と別のアニメ映画のラストシーンを混同していたようです。

私の勘違いのラストシーンは、戦いの最後に骸骨に姿を変えた妖怪が、投げられた剣に貫かれ岩を背にして崩れ落ちるというものです。このラストシーンを持つアニメ映画も小学校の体育館で観たものと思われ、昭和30年代の作品となるはずです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、「白蛇伝」のDVDを観てから、今度はこのラストシーンのアニメ映画がとても気になってしまい、ネットサーフィンを繰り返して、つい先ほど、そのラストシーンのアニメ映画を探し出しました。

その作品は、同じ東映が「白蛇伝」に続いて制作した「少年猿飛佐助」というアニメ映画でした。どちらも1959年の作品です。

「白蛇伝」の僧侶と白蛇の精の戦いと、「少年猿飛佐助」の猿飛と夜叉姫の戦いが私の記憶の中で混線したようです。

うーむ。。。記憶していた「白蛇伝」のラストシーンで、白蛇の精が倒された時に、蛇ではなく人間の骸骨だったのは何故か(?)という長年にわたる疑問が、単に私の勘違いによるものだったことが解り、やっと胸の中がスッキリとなった次第です。

これで今日はぐっすりと眠れそうです。。。そして、夢の中に美しい白蛇の精が出てきてくれると嬉しいのですが・・・・・


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。


白蛇伝 [DVD]

白蛇伝 [DVD]




少年猿飛佐助 [DVD]

少年猿飛佐助 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • メディア: DVD



nice!(155)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いにしえの記憶第2章(その12) [いにしえの記憶]

24_TRIM_1460027755480.jpg

過ぎ去った日々に徐々に埋もれていく、遠い日のいにしえの記憶

2週間ほど前、ネットサーフィンしていると、いにしえの米国テレビドラマ「インベーダー」の日本語吹替版のDVDが発売されていることを知り、早速、「インベーダー1st Season DVD-BOX」を購入しました。

加藤和夫さんのナレーションによる「遠く暗い、宇宙の奥から地球を目指してやってくるもの、それを今、私たちはインベーダーと呼ぼう・・・」で始まる印象的なオープニング、主人公デビッド・ビンセント(ロイ・シネス)の役柄のイメージによくマッチした露口茂さんの吹替など、1967年の初回放映時、私が小学校5年の時に夢中で観た番組そのものの内容です。

”1st Season DVD-BOX”には17話が収録されていますが、観ている途中で”2nd Season DVD-BOX1”も欲しくなり、続けて購入しました。5月27日には”2nd Season DVD-BOX2”が発売予定、3つのボックスで全43話が発売されることになりますが、もちろん、”2nd Season DVD-BOX2”も購入することになると思います。

「インベーダー」全43話のうちで、初回放送時に見逃したのが2,3話ありましたが、その後の再放送で全話観ています。しかし、初回放送時そのままのDVDでじっくりと観ることができるのは、往年のファンには嬉しい限りで、涙がちょちょぎれそう(今や死語?)です。

名作「逃亡者」を制作したクイン・マーチン・プロダクションによるこのドラマ、主人公ビンセントが宇宙人に追われつつも、宇宙人が地球に来ている証拠を求めて、孤独な旅を続ける姿は、主人公キンブルがジェラード警部に追われつつも、片腕の男を捜して、孤独な旅を続ける「逃亡者」と重なるものがあります

宇宙人による地球侵略というテーマながら、派手なSFシーンなどを排して、極めてシリアスに日常生活に忍び寄ってくるインベーダーの恐怖を淡々と、極めて現実的に、本当にありそうに描いていることが、このドラマの魅力です。また、アメリカの様々な地域の文化や景観、1960年代の日本に比べて、はるかに豊かなアメリカの日常生活が垣間見れることも、このドラマの魅力の1つとなっていました。

今、”2nd Season DVD-BOX1”の途中まで観ましたが、出演しているゲスト俳優陣も、いにしえのテレビドラマ好きには嬉しいです。
ダイアン・ベイカー、スザンヌ・プレシェット、J・D・キャノン、ピーター・グレイブス、ジョセフ・カンパネラなどなど、この時代のテレビドラマを飾った名優たちが、毎回、華をそえています。

「インベーダー」を観ながら、1960年代のテレビドラマが現代のテレビドラマよりも密度が高くて見応えがあると、つくづく考えてしまうのは、いにしえを懐かしむことが多くなった、私の歳のせいかもしれません。

・・・もしも、タイムトラベルができたら、1960年代に戻って、当時の文化、芸術、音楽、娯楽、風俗に大人になった自分として接してみたいです。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。


インベーダー1st  Season DVD-BOX

インベーダー1st Season DVD-BOX




インベーダー2nd Season DVD-BOX1

インベーダー2nd Season DVD-BOX1

  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • メディア: DVD



インベーダー2nd Season DVD-BOX2

インベーダー2nd Season DVD-BOX2

  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • メディア: DVD



nice!(161)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いにしえの記憶第2章(その11) [いにしえの記憶]

12_20150820_145053.jpg

過ぎ去った日々に徐々に埋もれていく、遠い日のいにしえの記憶

いにしえのブラウン管を彩った女優についての記憶。その第7弾です。

今回のいにしえの記憶は、比較的最近の記憶となります。

私は一時期、韓流時代劇ドラマにハマっていました。ハマったきっかけは、「宮廷女官チャングムの誓い」でした。
脚本の面白さ、そしてチャングムを演じたイ・ヨンエさんの魅力など見所満載で、今まで何回も繰り返し観ましたが、全く飽きることがない、本当に素晴らしいTVドラマです。

そして、チャングムと同じくらい私が熱心に観た韓流時代劇ドラマが「王と私」です。知られざる内侍の生きざまを描いたこのドラマ、チャングムとは違う意味で大いに見ごたえがありました。

主役チョソンを演じたオ・マンソクさんのいかにも去勢された男性っぽい演技もさることながら、内侍府長チョ・チギョムを演じた名優チョン・グァンリョルさんの、いぶし銀の演技が印象に残っています。

そして何といってもこのドラマに私が惹きつけられたのは、稀代の不倫女として後世に語られるオウドンを演じた、キム・サランさんの美しさです。伽耶琴を奏で、詩を詠み、知性と美しさを兼ね備えた女性として描かれています。

韓国の女優さんには、驚くほどの美形が多いのですが、キム・サランさんの美しさは、その中でも群を抜いていると思います。

もちろん、ドラマの中での話ですが、こんな美女だったらソンジョン王が王族の奥方であることを承知でオウドンと関係を持ってしまうのは、納得がいく次第です。まさに国が傾く美しさです。。
私はこのドラマをはじめて観たときには、実際のオウドンの行く末を知らなかったので、大罪人として処刑されるオウドンの末路には心が痛みました。

オウドンが処刑されてキム・サランさんが出演しなくなったあとの「王と私」は、ドラマの彩りが失われた感じがして、私にはちょっと味気のないものとなってしまったのも事実です。
主役チョソンをはじめ、準主役の殆ど全員が最終回待たずに死んでしまうという、何とも言えない結末のドラマでした。意表を突かれたストーリー展開ではありましたが、ずっしりと見応えのあるドラマです。

キム・サランさんのような美貌だったら、たとえ歴史に残る稀代の不倫女でも、私的にはノープロブレム、いつでもウェルカムなのですが(かなり意味不明です・・)、そんな妄想(?)を抱きつつ、この名作ドラマでオウドンを演じたキム・サランさんに想いを馳せたいと思います。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。


王と私 第二章 後編 DVD-BOX

王と私 第二章 後編 DVD-BOX




王と私 最終章 前編 DVD-BOX

王と私 最終章 前編 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2009/10/06
  • メディア: DVD



王と私 最終章 後編 DVD-BOX

王と私 最終章 後編 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2009/12/01
  • メディア: DVD



nice!(153)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いにしえの記憶第2章(その10) [いにしえの記憶]

IMG_DEL_15_20091101_2552 - コピー (2).jpg

過ぎ去った日々に徐々に埋もれていく、遠い日のいにしえの記憶

いにしえのブラウン管を彩った女優についての記憶。その第6弾です。

私が高校入学の頃から、中野良子さんの熱烈なファンになりました。

中野良子さんの印象がちょっとだけ残っているテレビドラマは、1972年にフジテレビで放映された「光る海」です。共演は沖雅也さん、島田陽子さんでした。
だだ、このドラマ、セリフなどにかなりきわどい性的表現があり、高校生の私にとっては、両親、家族と一緒にテレビを見るのが気恥ずかしく、あまり見てはいません。本当は中野良子さんを見たかったのですが・・・・・

中野良子さんの魅力が私に焼き付くことになったテレビドラマの1つが、1973年に日本テレビで放映された「さよなら・今日は」です。
下落合に暮らす、裕福だが複雑な問題を抱えた一家を描いたこのドラマは、私が今までの人生の中で、日本のテレビドラマとして最も強く印象に残る作品の中の1つです。硬質の素晴らしいドラマでした。
中野良子さんは、このドラマで浅丘ルリ子さん、栗田ひろみさんと三姉妹を演じています。中野良子さんの研ぎ澄まされたような美しさと声がとても魅力的でした。今も強く印象に残っています。

そして、中野良子さんの魅力が決定的に私に焼き付くことになったテレビドラマが、同じ1973年のNHK大河ドラマ「国盗り物語」です。
高橋英樹さんが織田信長を好演しましたが、このドラマの見所の1つは、明智光秀を演じた近藤正臣さんの快演(怪演)でした。「柔道一直線」の足ピアノで一世を風靡した近藤正臣さんが、明智光秀の心の葛藤、信長への憎しみが、やがて信長への殺意に変わっていくさまを見事に演じ、その演技は今でも私の心に強く刻まれています。
中野良子さんは明智光秀の正室である、お槙を演じています。健気にも夫、光秀のことを気遣い、必死に支えようとするさまは、すばらしい演技で、結末が悲劇と解っているだけに、余計、真に迫るものがありました。

この時代の衣装をまとった中野良子さんの繊細な美しさ、近藤正臣さんとの光秀夫婦の迫真の演技で、「国盗り物語」は忘れられないテレビドラマとなり、そして中野良子さんは、文字通り私が最も好きな女優さんとなりました。

この頃、私は高校2年でした。当時、クラスメートの男子が集まって、好きな女性芸能人の話をしたことがありました。クラスメートの中で人気ダントツ1位が大原麗子さん、続く2位が中野良子さんでした。当時のアイドル歌手、山口百恵さん、桜田淳子さん、麻丘めぐみさん、浅田美代子さんなどをあげたクラスメートが殆どいなかったことが、今になって考えると、とても不思議に思えます。きっと、皆、綺麗なお姉さまが好きだったのだと思います。

時が経って1990年、中野良子さんが、膝を抱えてグラス片手に首をかしげてセクシーな美しい声で、「女房酔わせてどうするつもり?」のニッカウヰスキーのテレビCMが流れました。目を見張るような、素晴らしいCMでした。中野良子さんのような女房に、そんなこと言われたら、どうするかは、火を見るよりも明らかですね。。。このテレビCMは後年、石田ゆり子さんで復刻されましたが、私は石田ゆり子さんでは、臨戦態勢にはほど遠いです。

因みに「国盗り物語」は総集編のテープは残っていますが、「さよなら・今日は」のテープは残っていないのでしょうか?
日本テレビさん、もしテープが残っているのなら、是非この素晴らしいドラマの再放送あるいはDVD化をお願いします!。そして、その映像を観て、中野良子さんの魅力にどっぷりと浸りたいと思います。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。







坂田晃一 テレビドラマ・テーマトラックス

坂田晃一 テレビドラマ・テーマトラックス

  • アーティスト: テレビ主題歌
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックダイレクト
  • 発売日: 2012/06/27
  • メディア: CD



nice!(149)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いにしえの記憶第2章(その9) [いにしえの記憶]

IMG_DEL_15_20150726_2833 - コピー.jpg

過ぎ去った日々に徐々に埋もれていく、遠い日のいにしえの記憶

いにしえのブラウン管を彩った女優についての記憶。その第5弾です。

私が都立高校1年生だった1972年、明治5年の鉄道開業から100年の節目の年でした。

鉄道100年の記念事業として有名なものは、何といっても国鉄による「梅小路蒸気機関車館」の開館です。そして、記念事業の1つに、国鉄が制作に全面協力ということで大きな話題となったTVドラマ「鉄道100年 大いなる旅路」の放映がありました。オムニバス形式で1時間枠2回で1エピソードという構成、チャンネルは日本テレビでした。

無論、鉄道ファンだった私は、このドラマに大きな関心を持ったのでしたが、現代ドラマや海外ドラマ好きだった私にとって、あまり面白さが感じられず、たまに暇つぶしでチャンネルを合わせた程度でした。

ドラマ中で、ハチロク(8620)のナンバープレートを付けたC56が走ったり、戦前の時代設定なのにD51にシールドビームの補助灯が付いていたり、C62のナンバープレートを付けたD51が「はと」のヘッドマークを付けて走ったり、「鉄道ファンを馬鹿にしている!」と、ちょっと憤慨したものです(当時はガキで若かったです)。

ただし、小椋佳さんによる主題曲は美しく、とても癒される唄声で、当時はマスコミに一切、顔を見せなかった、小椋佳さんはどんなアーティストなのだろうと、大いに興味をもったのを憶えています。

初回放映の翌年、1973年に平日の夕方に再放送され、高校の授業を終えて帰宅した後、チャンネルを合わせることはありましたが、やはり根を詰めてこのドラマを観る気は起きませんでした。

しかし、当時、ブラウン管を食い入る様に観て、42年経った今でも鮮明に憶えていて、強烈な印象が残っているエピソードが1つだけあります。

東北地方を舞台に、貧しい小作の娘(武原英子さん)と機関士を目指す青年(森次浩司さん:ウルトラセブンのモロボシ・ダン)の悲恋のエビソードです。

娘は都会の工場で女工として働いていたのですが、工場が潰れて故郷の実家に戻ってきます。しかし、何人もの幼い兄弟、薬代のかさむ病床の母と小作の家の家庭環境は、とても厳しいものでした。食い扶持が増えることを意味する娘の帰郷を、父親は快く思いません。

一方で、故郷に戻った娘に再会した青年は、娘に対する長年の想いを告白して、自分が機関士になったら一緒になろう、それまで必ず待っていてくれとプロポーズ、娘も、とても嬉しい、一緒になりたいと青年に想いを返します。

しかし、案の定というか、母親の薬代、家族の生活のため、父親は娘を遊郭に売る契約書に判を押し、娘は遊女となるために列車で故郷を後にします。娘の乗った列車の機関助士は青年でした。

青年は必死に貯金をして、娘の居所を捜し出して、娘を身請けしようとしますが、既に娘の借金は雪だるま的に増えていて、準備した金では身請けできません。そして、二人は足抜けを試みて逃げ通して、一旦、二人は幸せを掴みかけたかにみえます。
・・・が、青年の思い通りにはならず、ドラマはとても悲しい結末を迎えます。高校生2年生だった私は、このドラマを観終わったときに、このドラマのようなことが現実に存在すれば、人生は余りにも不条理、こんなことがあってたまるか!と思ったものです。

武原英子さんは迫真の演技で、純情な田舎娘、艶やかさの内に深い哀しみを秘めた遊女、そして胸を患って命の灯が尽きようとする遊女を鮮やかに演じています。
どの役柄の武原英子さんも、とてもお美しく、私より10歳年上ですが、こんな女性と知りあってみたい思ったものでした。

このドラマを観た私の脳裏に鮮烈、強烈な記憶を残したシーンが2つありました。
1つは、ドラマのラスト間近、偶然、青年と再会した遊郭の部屋で、立派な機関士になった青年に「毎晩、何人もの男に抱かれて、何も感じなくなった」と武原英子さんが捨て台詞を吐くシーン。
もう1つは、226事件勃発で機関区から緊急招集が掛かって、偶然再会した遊郭から、足早に去っていく青年を追い、小雪舞う夜の雪道を赤い襦袢をまとった武原英子さんが裸足で駆けるシーン。
この2つのシーンは、それから42年、このドラマの中の武原英子さんの美しさとともに、事あるごとに思い出します。

武原英子さんは多くの時代劇ドラマ、現代ドラマに出演されていましたが、大いなる旅路のこのエピソード以外では、殆ど私の琴線に触れることはなく、それらの記憶は残っていません。
武原英子さんは、1980年、にしきのあきらさんと結婚されましたが、残念ながら1996年に50歳の若さで他界されました。

大いなる旅路の武原英子さん、これからも私の記憶のなかで、鮮やかに輝き続けてくれると思います。


日記・雑談 ブログランキングへ

鉄道 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。





nice!(192)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いにしえの記憶第2章(その8) [いにしえの記憶]

20150801_1100440118 - コピー.jpg

過ぎ去った日々に徐々に埋もれていく、遠い日のいにしえの記憶

いにしえのブラウン管を彩った女優についての記憶。その第4弾です。

私が大好きだった、いにしえのアメリカのテレビドラマの1つが、「インベーダー」です。私が最も熱中して観た、いにしえのアメリカのテレビドラマが、同じクイン・マーチン・プロダクション制作の「逃亡者」でしたが、「インベーダー」は「逃亡者」に次いで、熱を上げて観たドラマでした。

1967年の放映開始当時、第1話「恐怖の侵入者」(原題: Beachhead)の放送は見逃しました。しかし、、面白いテレビドラマをやっていたと、放送を観ていた兄からストーリーを聞いて、第2話「新たな目撃者」(原題:The Mutation)から、欠かさずに観るようになりました。
※因みに米国と日本は放送順番が異なり、米国ではThe Mutationは第3話です

第2話はメキシコとの国境付近で故障して飛び立てなくなった宇宙船にまつわるエピソードです。

主人公デビッド・ビンセントと一緒にジープに乗って、宇宙船を国境地帯へ探しに行く若き女性を演じているのが、女優スザンヌ・プレシェットさんです。

彼女の役どころは、国境付近の田舎町の酒場の踊り子(ストリッパー)で、国境付近の砂漠地帯で宇宙船を見たと言って、ビンセントの前に現れます。

しかし、彼女は実は宇宙人で、ビンセントを罠にはめるために接近してきたのです。ところが、彼女は宇宙人が持っていないはずの感情を持っていて、 宇宙人の仲間とビンセントとの間で心が揺れ動きます。そしてストーリーが進行していきます。

このエピソードで、宇宙人が感情を持たないこと、地球上で死ぬと赤く燃えて消えること、彼らの武器(光線銃?)は標的の物体を赤く燃やして消し去ることなどの、このドラマを形づくっている特徴的なアイテム、トリビアが初めて登場します。

このエピソードの放送時、私は小学校4年生でスザンヌ・プレシェットさんは青い瞳の綺麗なお姉さんだなぁ、くらいにしか思いませんでした。

その後の再放送時に、あるいは現在YouTubeで、このエピソードを観ると、スザンヌ・プレシェットさんは、このエピソードの役柄と相まって、とてもセクシーでグラマーで、健康的な魅力に溢れた美女であることが解りました。そして、感情を持つゆえに揺れ動く胸の内を映すような、憂いの表情を時折見せるのですが、その表情は驚くほど美しいです。

スザンヌ・プレシェットさんは、その後、「インベーダー」のエピソード「惑星からの逃亡者 」(原題:The Pursued)で、性格異常で凶暴性がある宇宙人の役を再度演じています。そのエピソードの彼女は、艶やかさを抑えた、ちょっと地味な役作りとなっています。

私は映画をほとんど見ないので、スザンヌ・プレシェットさんの出演した映画作品の印象はありません。ほかには「逃亡者」にゲスト出演していたのを、後年になって気づいたくらいです。

エピソード「新たな目撃者」の、とても美しいスザンヌ・プレシェットさんを観るたびに、「宇宙人、大いに結構!、ぜひ接近遭遇してみたい!!」(意味不明ですが・・・)と、遠く暗い宇宙の奥に思いをはせる自分であります。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。



Invaders: Complete Series Pack [DVD] [Import]

Invaders: Complete Series Pack [DVD] [Import]

  • 出版社/メーカー: Paramount
  • メディア: DVD



nice!(104)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いにしえの記憶第2章(その7) [いにしえの記憶]

20141115_10121312 - コピー.jpg

過ぎ去った日々に徐々に埋もれていく、遠い日のいにしえの記憶

いにしえのブラウン管を彩った女優についての記憶。その第3弾です。

小学校入学の頃から、アメリカのテレビドラマが大好きだった私ですが、数々のドラマの中で、その後の人生における価値観を左右したくらい(かなり大袈裟ですが)、熱中して観ていたドラマがあります。
それは、伝説の名作ドラマ、「逃亡者」です。

「リチャード・キンブル職業医師。正しかるべき正義も時として盲しいることがある ・・・」の矢島正明さんのナレーションで始まる、印象的なオープニングは今でも耳に焼き付いています。

1963年から1967年まで、4シーズン、全120話のどのエピソードも内容の濃いものでした(日本放映開始は1964年)。
とりわけ、1967年に2回に分けて放送された。完結編「裁きの日」は最後まで息もつかせぬ内容で、この名作ドラマのラストにふさわしい内容でした。

ドラマのエピローグ、自由の身になったキンブルが、最後の逃亡の旅を手助けした同郷の女性ジーンと腕を組んで裁判所から出てきます。そしてジェラード警部がキンブルに握手を求めたあと、裁判所の前に止まったパトカーをキンブルが見て、キンブルが複雑な表情を見せます。
それを見たジーンが、「Hey!」と声を掛けると、キンブルが「Hey!」と応えます。因みに、日本放映版では、ジーンは「リチャード?」と声を掛け、キンブルが「行こうか」と応えています。個人的には日本語訳の方が好みです。
そして、「9月2日土曜日、この日、逃亡の旅は終わった」の最後のナレーションをバックに、腕を組んで前を見て歩む、キンブル(デビット・ジャンセン)とジーンの姿が、この名作ドラマのラストシーンです。

過酷な逃亡生活が終わりを迎え、小児科医に復帰したキンブルが、この美しい、理知的で、チャーミングな女性ジーンと新たな人生をスタートさせることを視聴者に確信させるラストシーンです。

このジーンを演じている女優はダイアン・ベイカーさんです。この完結編を観たとき、このスリリングなドラマが、こんな綺麗な女性とハッピーエンドになったことに、安堵したことを憶えています。

私は映画をほとんど見ないので、ダイアン・ベイカーさんの出演した映画作品の記憶は残念ながら、ありません。
しかしながら、私の最も好きなテレビドラマのラストシーンを飾ったダイアン・ベイカーさん、私にとって決して忘れることのできない女優です。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。

nice!(97)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いにしえの記憶第2章(その6) [いにしえの記憶]

20150102_12145512 - コピー.jpg

過ぎ去った日々に徐々に埋もれていく、遠い日のいにしえの記憶

私は小学校卒業の頃まで、蝶にすごく興味があり、よく蝶類図鑑を眺めていました。今は、全く興味なしですが。。。

私が子供の頃は、春先から晩秋まで、モンシロチョウを常に見ることができました。
物心ついた頃に住んでいた品川区では、当時でもすでに周囲にはキャベツ畑、菜の花畑はおろか、畑自体が全くなかったのですが、どこで生まれるのか、鉢植えの花や公園の花に群れるようにモンシロチョウが飛来していました。

越冬しないモンシロチョウは春を告げ、秋の終わりを告げる、日本中にどこでも見ることができる存在だったと思います。

しかし、いつしか、そのようなモンシロチョウが花に群れる光景は見られなくなりました。見られなくなったのは、もう、ずーっと昔のことだったように思います。

今、時たま見かける白いシロチョウ科の蝶は、よく見ると、殆んどがスジグロチョウ(スジグロシロチョウ)です。むしろ、シロチョウ科の蝶では、黄色いキチョウ、モンキチョウを、今ではよく見かけます。

モンシロチョウが少なくなったのは、生息環境の変化の影響でしょうか?、地球温暖化の影響でしょうか?、蝶の生息域の北上の関係でしょうか?

殺風景な景色でも、その景色の中にモンシロチョウがヒラヒラと舞っていると、心が和む気がしたのを、なつかしく思います。
景色の中にモンシロチョウが居ない、現代の日常が、ちょっぴり私には寂しい気がします。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。

nice!(100)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - いにしえの記憶 ブログトップ