So-net無料ブログ作成
検索選択

魅惑の鉄道車両(第37回) [魅惑の鉄道車両]

私のことを魅了してやまない鉄道車両を紹介していきます。

第37回は近江鉄道ED31です。

IMG_20100125327915 - コピー.jpg

1923年、芝浦製作所(電気部分)、石川島造船所(機械部分)で6両製造された伊那電気鉄道デキ1が前身で、国産の電気機関車としては最古の部類となりま す。

伊那電気鉄道の戦時買収されて、国鉄ED31となりましたが、戦後私鉄に払い下げられ、結果として近江鉄道に5両が集結、残り1両が上信電鉄に渡りました。
上信電鉄に現存するED316は車体が箱型に改装されており、原形はとどめていません。

近江鉄道の5両は全て現存しますが、現時点で車籍を有するのは1両だけのようです。しかし、ATS未設置であることや運転士の関係で、稼働はしていない状況です。

お世辞にもスマートとは言い難い不恰好なスタイルで、なんとなく動物のサイを彷彿させますが、私には、この機関車の外観が、いかにもローカル私鉄の雰囲気を 醸し出していて、とても好ましく思われます。

未稼働ではありますが、彦根駅の近江鉄道ミュージアムで5両揃って現在でも見ることができるのは、ファンにとっては嬉しい限りです。


鉄道 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。

魅惑の鉄道車両(第36回) [魅惑の鉄道車両]

私のことを魅了してやまない鉄道車両を紹介していきます。

第36回は近畿日本鉄道モト94・96です。

IMG_20090502041415 - コピー.jpg

モトの称号が表すように、いわゆる電動貨車です。

塩浜検修車庫へ養老鉄道の車両が検査入場・出場する車両の牽引車として使用されています。養老鉄道は狭軌線のため、入出場する車両の狭軌台車を荷台に載せて運転されます。

電動貨車ではありますが、国鉄(JR)称号のクモヤ+クモル的な役割で使用されています。

昔は、このような車両は数多くの私鉄で見ることができましたが、今ではほかに京急を残すのみです。

モト94・96のような、一癖も二癖もある個性的な車両、私は大好きです。


鉄道 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。

夢の中のラプトル [つれづれ日記]

20141115_1047160130 - コピー.jpg

昨夜見た、奇妙な悪夢です。

夢の中の私は、地上の道路から階段をのぼり、ペデストリアンデッキの上に出ます。その光景、ペデストリアンデッキは実在の場所で、京葉線海浜幕張駅です。

ふと前を見ると、ペデストリアンデッキの前方、私の進行方向からラプトルがポゴスティック(ホッピング)に乗っているように、ピョンピョンと真っ直ぐに飛び跳ねながら、私の方に近づいてきます。

ラプトルは映画ジュラシックパークの陰の主人公ですが、夢の中で出てきたラプトルはジュラシックに出てきたやつよりは小柄で、体高60cm位で す。

何故か、夢の中の私には、ラプトルに遭遇したら、思いっきりラプトルの頭をぶん殴れば退散する、ということが頭の中に刷り込まれていて(?)、ラプトルの頭を殴ろうとします。

しかし、眼の前まで来て垂直にピョンピョン飛び跳ねているラプトルの頭に私の拳は的中せず、むなしく空を切るばかりです。そのことに、焦っているところで、夢から覚めました。

うーむ。。。私の見る夢は、ほとんどが悪夢なのですが、恐竜が出てきたのは初めてです。

夢の中に恐竜が出てきたのには、心当たりがあります。

昨日、1980年に発売された、「Flying Easy」/上田力&パワーステーション、というアルバムCDが欲しいと思い立って、ネットで検 索していたのでした。

但し、アルバムのアーティストタイトルも不明だったのですが、アルバムジャケットが翼竜のプテラノドンだったという唯一の記憶をたよりに、「レコード ジャケット+恐竜」のワードで検索したのでした。

但し、夢に出てきたのは。プテラノドンではなくラプトルでしたが・・・・・

昼間に見た内容が夢に出てくるのなら、YouTubeで壇蜜ちゃんを観た夜、彼女が夢に出てきてくれても良さそうなものですが、残念ながら未だ出てきてくれ ません。

<
日記・雑談 ブログランキングへ
よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。


ジュラシック・パーク [Blu-ray]

ジュラシック・パーク [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: Blu-ray




nice!(90)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

魅惑の鉄道車両(第35回) [魅惑の鉄道車両]

私のことを魅了してやまない鉄道車両を紹介していきます。

第35回は京成電鉄3300形です。

IMG_20110802717515 - コピー.jpg

1968年から製造された都営地下鉄浅草線、京急線乗り入れ対応の車両です。

初代3000形をベースとする赤電(通称3000系)の最後の形式で、この形式以降に製造された京成通勤車両は3400形を除くと、普通鋼車体から ステンレス車体に変更され、京成の電車イメージが一新されました。

昭和の高度成長期の雰囲気が伝わってくるこの車両、残念ながら今年の3月に北総リース車を含めて、全車両廃車となりました。

3300形のあとの製造された京成初の冷房通勤車両である3500形の未更新車も、終焉の時が迫っているので、久しぶりに京成線を訪れて撮影することを計画中です。

写真はリバイバルのファイアーオレンジ塗色車です。


鉄道 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。

快晴ゆえに。。。 [つれづれ日記]

IMG_20150726284315 - コピー.jpg

昨日、京都は快晴で猛暑でした。

そして、快晴だったゆえに、判明したことが。。。

昨日、昼間は梅小路蒸気機関車館にカメラを持って出かけていて、夜になって、RAW形式で撮影した画像をDigital Photo Professional で現像していました。

すると、快晴の空の部分の画像に、小さなシミのような斑点を見つけました。うーむ、撮像素子のヨゴレです。

今のカメラ本体は購入して7年近く経ちますが、購入して2年目位に一度、銀座のCANONサービスセンターで撮像素子とファインダーの清掃をしてもらったことがあります。その時は料金は無料でした。その時以来、撮像素子のヨゴレに気付くことはなかったのですが。。。

撮像素子のヨゴレによる画像は、Digital Photo Professional でも修正できますが、気になる個所を毎回修正するのは、かなり面倒くさいので、やはり撮像素子の清掃は不可欠です。

現在では撮像素子の清掃は有料で¥1,000とのことです。因みにフォーカシングスクリーンにもゴミが見えるのですが、別途料金が必要なのかが、CANONのホームページで見る限り、良く解りません。

何れにしろ、些細なことでも、一旦気になると精神衛生上よろしくないので、近々に梅田のCANONサービスセンターを訪れたいと思います。


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。

nice!(104)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

梅小路蒸気機関車館 [撮影日記]

IMG_20150726281715 - コピー.jpg

7月26日(日)
昨日のリベンジで梅小路蒸気機関車館へ。

私の鉄道車両に対する興味の主体は電気機関車と電車で、蒸気機関車への興味は、実は、それほどのものではないです。

しかし、8月30日に梅小路蒸気機関車館閉館ということで、約20年振りに訪問しました。

往路復路とも京都駅から梅小路公園を通って徒歩で蒸気機関車館に向かいましたが、炎天下の京都、途中で行き倒れになるかと思うくらい暑かったです。

以前訪問したときは、庫内に機関車が並んでいましたが、すでに建設中の京都鉄道博物館への機関車の移動、整備が始まっているのか、庫内には空席(?)が目立ちました。

復路、梅小路公園のカフェで飲んだ、冷えた生ビール、格別でした。気が付けば、ビールを飲みっぱなしの、猛暑の一日でした。

IMG_20150726280415 - コピー.jpg
C622 スチーム号

IMG_20150726270515 - コピー.jpg
DE101156 嵯峨野トロッコ色


鉄道 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。

nice!(112)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

週末撮影記(7月25日) [撮影日記]

7月25日(土)
今日は、閉館まで約1カ月となった梅小路蒸気機関車館に行くつもりで、新大阪へ。

いつものように、午前11時過ぎに新大阪駅構内のがんこ寿司ビールに、好物のえんがわ、赤貝、ズワイガニ、中トロなどのにぎりを食していると、構内放送で塚本駅で人身事故とのアナウンス。

JR神戸線・京都線の運転再開は12時15分とのことで、京都に向かう戦意喪失。
ビールを飲みながら、どこに行くかと思案した結果、南海線の撮影に行くことに決め、地下鉄で難波方面へ。

今日は、昭和にタイムスリップした風情の汐見橋線にも足を延ばしました。

IMG_20150725257115 - コピー.jpg
南海線 3000系 元大阪都市開発(泉北)車

IMG_20150725261515 - コピー.jpg
高野線 6300系

IMG_20150725264015 - コピー.jpg
汐見橋線 2200系


鉄道 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。

nice!(137)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

魅惑の鉄道車両(第34回) [魅惑の鉄道車両]

私のことを魅了してやまない鉄道車両を紹介していきます。

第34回は十和田観光電鉄モハ3603です。

IMG_20111105797515 - コピー.jpg

元東京急行電鉄のデハ3650形のこの車両、1980年に十和田観光電鉄に入線しました。

晩年には、東急グリーンの塗装に復され、東急時代の活躍を彷彿させる姿となり、イベント列車に活躍しました。

十和田観光電鉄線は2012年4月1日付で廃線となりましたが、モハ3603は元の七百駅に保存されていると伝えられています。

いにしえの東急3000系の姿を今にとどめるモハ3603が保存されたことは、ファンにとって、とても喜ばしく素晴らしいことです。


鉄道 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。

魅惑の鉄道車両(第33回) [魅惑の鉄道車両]

私のことを魅了してやまない鉄道車両を紹介していきます。

第33回はJR東日本のEF81カシオペア専用塗色、通称、カシ釜です。

IMG_20090705098015 - コピー.jpg

1999年のカシオペア運行開始時に登場したE26系客車に合わせて、田端運転所所属のEF81の内3両がカシオペア専用塗色に変更されました。

登場時にステンレスシルバーのE26系に対して、白ベースの塗色で、オレンジ、ブルーの塗り分けのデザインとともに、客車とのマッチングは悪いなぁ、違和感を覚えたものです。

3両のカシ釜は、2010年に後継のEF510-500にカシオペア牽引の任を譲るまでは、北斗星塗色釜とは一線を画して、常磐線、高崎線の貨物運用に入ることはありませんでした(カシオペア牽引から降りた後は貨物運用に入りました)。

個性的な塗色だったカシ釜は、2012年までに全機廃車となり、残念ながら現存しません。
北海道新幹線開業でカシオペア自体の存続が微妙となっていますが、後継のEF510-500には寝台特急牽引の栄光を一手に担って、力走を続けてもらいたいと思います。


鉄道 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。

PMTC [つれづれ日記]

IMG_20141025814825 - コピー.jpg

私は3ヶ月ごとに、歯科医でPMTCを受けています。

行きつけの歯科医は、さいたまなので、なかなか都合が合わずに、今回は先週土曜日に4ヶ月ぶり、PMTCを受けました。

PMTCを受けた直後は、歯がつるつるで、鏡で見ると真っ白で気持ちがいいです(ホワイトニングしてる訳ではないですが)。でも、私は緑茶を大量に飲むので、3週間程度で歯に着色が始まってしまいますが・・・・・

PMTCで歯がきれいになると、せっかくだから、気を使って、丁寧に歯を磨こうという気になります。これがPMTCの最大の効果かもしれません。

私は通常の歯ブラシだけではなく、タフトブラシ、歯間ブラシ、フロスを使い分けて歯磨きする習慣に変わりました(在宅時以外の昼食後は歯ブラシのみ)。歯磨き粉も研磨剤の入っていない、コンクールジェルコートFを使うようになりました。

歯が不健康になると、憂鬱な気分になり食事も不味くなるので、できるだけ都合をつけて、3ヶ月ごとにPMTCを受けることを、今後も心掛けていきたいと思います。

もし、この記事を読まれた方で、PMTCを経験したことがない方がおられたら、是非、一度受けてみてください。気持ちいいですよ!


日記・雑談 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。



コンクール ジェルコートF(フッ素コート歯みがきジェル)

コンクール ジェルコートF(フッ素コート歯みがきジェル)

  • 出版社/メーカー: ウェルテック
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



nice!(110)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感