So-net無料ブログ作成

週末撮影記(5月21日) 阪和線編 [撮影日記]

5月21日(日)
久しぶりに、阪和線と南海電鉄線の撮影。

1929年開業した阪和電鉄、超特急は天王寺⇔東和歌山を45分で走破し、その速度記録は1959年の東海道本線の151系「こだま」まで破られなかったという、昭和初期では考えられない高速運転を実現した伝説の私鉄です。

京阪電気鉄道の資本参加により設立された阪和電鉄でしたが、数奇な運命を辿ります。経営不振により、京阪電気鉄道は経営から離れ、1940年にライバルの南海鉄道(現南海電鉄)に吸収合併され、南海山手線となります。さらに、1944年に戦時買収で強制的に国有化され国鉄阪和線となり、国鉄の分割民営化によりJR西日本阪和線に至ります。戦後、南海への払い下げの動きもあったようですが、実現はしませんでした。

昭和初期に、技術の粋を集め、当時の常識をはるかに超えた高性能車両を走らせた阪和電鉄、今も私鉄のままだったら、どんな車両を走らせていたのでしょうか?、、、こんなことに思いを巡らせるのはファンとしては楽しいものです。

現実の阪和線は、225系5100番台への置き換えが進んでいて、1968年から阪和線を走り続けてきた103系、関西では少数派の205系の活躍を見ることができるのも、あと僅かとなっています。

関東のJR、私鉄を見慣れている私とっては、阪和線、そして大阪環状線の4ドア車を3ドア車に置き換えるのは、頭の上に疑問符???が沢山ついてしまいます。。。

先ずは、阪和線で撮影した車両たちです。阪和線でバラエティに富んだ一般車両が見れるのも今のうちです。

DEL_15_103系_IMG_1383 - コピー.jpg
103系 クハは低運転台の体質改善車、原型とは印象が異なります。

DEL_15_103系_IMG_1456 - コピー.jpg
103系 クハは高運転台の体質改善車

DEL_15_205系_IMG_1479 - コピー.jpg
205系 京阪神から転入した0番台

DEL_15_223系_IMG_1415 - コピー.jpg
223系 0番台

DEL_15_223系_IMG_1511 - コピー.jpg
223系 2500番台

DEL_15_225系_IMG_1486 - コピー.jpg
225系 5000番台

DEL_15_225系_5100_IMG_1410 - コピー.jpg
225系 5100番台 5000番台とはライト形状など微妙にデザインが異なります。


鉄道 ブログランキングへ
人気ブログランキングに登録しています。よろしかったら、ポチッと応援をお願いします。


103系メモリアル―日本経済を支えつづけて50年。通勤型電車の傑作 (トラベルムック)

103系メモリアル―日本経済を支えつづけて50年。通勤型電車の傑作 (トラベルムック)

  • 作者: 斉木実
  • 出版社/メーカー: 交通新聞社
  • 発売日: 2013/11/29
  • メディア: ムック



205系物語 (キャンブックス)

205系物語 (キャンブックス)

  • 作者: 池口 英司
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2015/09/18
  • メディア: 単行本



nice!(125)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 125

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0